洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビリーヴ・イン・ラヴ / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
DSCF3064.jpg

 今年(2017年)11月に来日公演を行うヒューイ・ルイス&ザ・ニュース。彼らの最初の全米トップ10ヒットが、この「ビリーヴイ・イン・ラヴ(原題:Do You Believe in Love)」。彼らの2枚目のアルバム『ベイ・エリアの風(原題:アンティーク フランス 手描き バラ ポストカード)』(1982年)からのファースト・シングルで、同年4月17日~5月1日まで3週連続7位という記録を残しています。この曲が上に上がりきれなかったのは、同時期に元ランナウェイズのジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」(7週連続1位)をはじめ、Jガイルズ・バンドやゴーゴーズ、果てはヒューマン・リーグといった英国勢まで強敵が目白押しだったいう不運な時期にあたってしまったからです。



 曲は大変素晴らしく、ヒューイのハスキーボイスと爽やかなハーモニーのコーラス、そして明るくキャッチーなメロディの組み合わせは、まさに「ベイ・エリアの風」。日本版ウィキペディアの「ヒュー・ルイス&ザ・ニュース」の項目にある説明「骨太のロックンロールを基盤に、ヒューイのハスキーボイスと爽やかなハーモニーを特徴とするキャッチーなサウンドは、まさに1980年代のアメリカのポジティブなイメージをそのまま音楽で表した存在と言っても過言ではない。」という一文は、おそらくこの曲をイメージした記述でしょう。
 当時アルバム『ベイ・エリアの風』の日本盤は米盤と異なるジャケットで、鈴木英人氏(雑誌『FM STATION』の表紙を手がけていたイラストレーター)によるヒューイ・ルイスの顔のイラストが使われており、このシングル盤にもアルバムと同じイラストが使用されています。『FM STATION』付録のカセットレーベルを使っていた世代にとっては、当時「これ以上ない」ほどの絶妙の組み合わせでした。
 
 この曲のコンポーザー・クレジットは、当時売れっ子プロデューサーだったロバート・ラング(Robert John "Mutt" Lange)です。彼はAC/DCの『バック・イン・ブラック』やフォリナーの『4』、カーズの『ハートビート・シティ』、デフ・レパードの一連のアルバムなどを手がけたプロデューサーですが、ヒューイ・ルイス同様に下積みが長く、70年代から活動しており、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの前身バンド、クローヴァー(Clover)の作品のうち2枚(76年の『Unavailable』と77年の『Love On The Wire』)は、ロバート・ラングが手がけています。この「ビリーヴ・イン・ラヴ」が7位だった5月1日に10位だったのが、トミー・ツートーンの「867-5309/jenny」(最高位全米4位)ですが、この曲のコンポーザーであるアレックス・コール(Alex Call)もクローヴァーのメンバーでした。その関係でアレックスは、ヒューイ・ルイス&ニュースにシングル「パーフェクト・ワールド」(88年)を提供しています。その他TOTOのジェフ・ポーカロもクローヴァーのメンバーでした。クローヴァーは、70年代後半にシン・リジィのヨーロッパ・ツアーの前座をつとめたことがり、シン・リジーの故フィル・ライノットには多くの教えを受けたようです。『ベイ・エリアの風』に収録されている「5時半からのデート(Giving It All Up for Love)」は、フィル・ライノットの曲。

 もともとこの「ビリーヴ・イン・ラヴ」は、「We Both Believe In Love」というタイトルで、ロバート・ラングがイギリスのバンド、スーパーチャージ(Supercharge)のために書いた曲です。オリジナルはスパーチャージのアルバム『Body Rhythm』(79年)に収録されており、ロバート自身がヴォーカルを担当しています



 1950年生まれのヒューイ・ルイスは今年67歳!父親はアイルランド系で母親はポーランド出身。 そういった出自を想うと、彼の音に感じられる優しさと哀愁、そしてすべてを明るくぶっ飛ばすような感じが混じり合ったような雰囲気もなんとなく理解できるような気がします。これからも元気で活躍して欲しいものです。

http://www.hueylewisandthenews.com/




スポンサーサイト

ネバーエンディング・ストーリーのテーマ / リマール
IMG_1285.jpg


 カジャグーグーをレイオフされたヴォーカリストのリマール(本名クリストファー・ハミル~「リマールLimahl」は本名Hamilのアナグラム)が、ミヒャエル・エンデ原作の映画『ネバーエンディング・ストーリー』のタイトル・ソングとしてリリースした曲。1984年に「ビルボード」で17位まで上がるヒットとなりましたが、「オリコン」チャートでは5位まで上がるなど日本での人気が高い曲で、中学や高校の吹奏楽の曲としてとりあげられることもあります。 2013年にはE-girlsによるカバーが、フジテレビ系月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の主題歌に使用されました。







 プロデュースは、ミュンヘン・サウンドの総帥にして元祖イタロ・ディスコ、ダフト・パンクも敬愛する「テクノの神様」、ジョルジオ・モロダー。モロダーがリマールにオファーしたのは、リマールが1984年の東京音楽祭のために来日した際、審査員の一人だったモロダーが彼の声を気に入ったからだと言われています。なおこのときの(第13回)東京音楽祭でグランプリを獲得したのは、故ローラ・ブラニガン。リマールは銀賞でした(このとき最優秀歌唱賞を受賞したのが、前年83年に「踊るリッツの夜」をヒットさせたタコ)。コンポーザー・クレジットはモロダーとキース・フォーシー。キースは翌85年にシンプル・マインズの「ドント・ユー?」で全米No.1を獲得します。





 この曲でいちばん印象に残る部分を歌っている女性は、(レコードにはクレジットされていない)ベス・アンダーソンというシンガー。リマールのオフィシャル・サイトには、彼女とリマールが一緒に写っている珍しい写真がありました。
http://www.limahl.com/gallery/galleries/solo/solo3/lim_beth_anderson.html

 カジャグーグーは86年に解散しますが、2008年に再結成し、リマールも復帰。再結成後のカジャグーグーのライブでこの曲を歌唱する際は、ベス・アンダーソンのパートをベース担当のニック・ベッグスが歌っていました。現在はカジャグーグーとしての活動はしておらず、ソロとしてリマールが、またニックがスティーヴ・ハケット・バンドの一員としてそれぞれ来日したのは、記憶に新しいところです。

・リマールのオフィシャル・サイト:  http://www.limahl.com/
・リマール 来日記念特集(ビルボードJP):http://www.billboard-japan.com/special/detail/1482
・ 2016年4〜5月、元カジャグーグーのリマールとニック・ベッグスが相次いで来日
 (YAMAHA): http://www.yamaha.co.jp/ongakukiji/news.php?no=15837







フットルース / ケニー・ロギンス
IMG_1274.jpg



 今でも時々耳にするケニー・ロギンズの全米No.1ヒット(1984年)。ケヴィン・ベーコン主演の同名映画のサントラで、前年の『フラッシュダンス』とともに「音楽もヒットした青春ダンス映画」の双璧。
 覚えやすくノリのいい軽快なロック・ナンバーで、まさに「歌って踊れる曲」。「ビルボード」では84年の3月最終週から4月の第2週まで、3週連続で首位をキープし、年間チャートでも4位という好セールスを記録しました。なおこの曲がトップに立つまで1位だったのは、ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ!」で、一方首位を明け渡したのはフィル・コリンズの「見つめてほしい」でした。80年代洋楽の黄金時代(1984年の年間チャートはこちら)。



 アル・ヤンコヴィックは、「フックト・オン・ポルカ(Hooked On Polkas)」の中で、この曲をカヴァーしています。80年代にはスターズ・オン45をはじめ、「フックト・オン・○○」というメドレー形式の曲が数多くリリースされていましたが、アル・ヤンコヴィックの「フックト・オン・ポルカ」は日本のみのシングル・カット。「フットルース」以外には、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「リラックス」や、ネーナの「ロック・バルーンは99」、デュラン・デュランの「リフレックス」、イエスの「ロンリー・ハート」、ティナ・ターナーの「愛の魔力」などが歌われています。








ラ・バンバ / ロス・ロボス
labanba.jpg


 87年8月の全米No.1。17歳で飛行機事故のために夭折したメキシコのシンガー、リッチー・ヴァレンス(1941~1959)が1958年にヒットさせた曲で、87年に彼の伝記映画のサントラとしてロス・ロボスがヒットさせました。もとはメキシコ民謡らしいエスニックさに、ロックのダイナミズムをとりいれたノリのよさ、そしてキャッチーなメロディが魅力の爽快な曲です。
 






アインシュタイン・ア・ゴー・ゴー / ランドスケイプ
landscape.jpg


 ヴィサージやスパンドゥー・バレエを手がけたリチャード・バージェスが在籍していたバンド、ランドスケイプ(Landscape)のセカンド・シングル(81年)。テクノ~エレポップの典型ともいえる曲です。イントロの電話の話し声、何て言ってるんでしょうか?何か日本語が聞こえような気もしますが。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。