洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEN & NOW / エマーソン、レイク&パーマー
ebayで4.01ドル(総支払い10.01ドル)。先日ヤフオクで取り逃がしたときは960円だったので、送料込みで1000円チョイならまあまあかな.....と思っていたら、USで廉価版がでたようで、AmazonJPでは1400円台。ウ~ム、良かったのか悪かったのか......。
 内容は「Then」が74年のカリフォルニア・ジャムから5曲。グレッグ・レイクの「スティル.....ユー・ターン・ミー・オン」→「ラッキー・マン」の流れがなかなか感動的で、「ラッキー・マン」♪he~wa~s の上げて歌う部分は特にイイですなぁ~。でもカルジャムというと例の回転ピアノ。「ピアノが回転」というと、普通はメリーゴーランドみたいに水平に回るものだが、これは「前に回転」だから驚く。グランドピアノが上昇したかと思うと、前転し始めるが、これが結構速い回転。『キング・ビスケット』に収録のインタビューで、御大も「目が回った」とは言っているが、さすが名手エマーソン、映像を見る限りは平気な顔をして弾いている。このCDでも「ピアノ・インプロヴィゼイション」で、所々演奏は普通なのに観客が沸く箇所がいくつかあるが、色んなパフォーマンスをやっているのだろう。この時期がELPの絶頂期だと言っていいでしょう。
 「Now」は97~98年ツアーの抜粋。92~93に比べると、レイクの声はさらに衰え、「Then」と「Now」を比べるとさすがに哀しいものを感じるが、とはいえ演奏自体は悪くない。何でも御大は右手を手術したということで、確かに「ホウダウン」はもたつく感じがしないでもない。とは言え、熱心なファンが聴くとやはり御大の調子はよくないのだろうが、私はあまり気にならなかった。「グッド・イヴニング、ローマ!」とか「メルシ・ボークー」とか言ってるので、ヨーロッパ・ツアーからの抜粋だと思われるが、ぶつ切り収録のため統一感を欠き、あまり流れがよろしくない。ハイライト部を集めたというコンセプトはそれなりに楽しめるが、ライヴが身上のバンドとしては、やはり通しで聴きたいものだ。



スポンサーサイト

LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL / エマーソン、レイク&パーマー
ebayで4ドルで落札。送料は5ドルで、総支払いは9ドル。まあまあの値段でしょう。1centCDでうまくいくと3ドルくらいで落ちるかも。日本盤とジャケ違いとはいえ、国内でも1000円越えるようだったら見送ったほうがいいだろう。
 92年の再結成「ブラック・ムーン・ツアー」におけるロンドン公演だが、なかなかよいライヴ盤(オフォシャルだよ)である。オープニングの「悪の教典#9・第1印象パート2」から、エネルギッシュな演奏で、まとまりもよい。グレッグ・レイクの声に衰えが感じられる以外、他の2人も元気だ。特に御大はエンディングの「庶民のファンファーレ」でノリノリの演奏を聴かせてくれる。「ホウダウン」を欠いているのは残念だが、1枚モノゆえにこれは仕方がない。
 注目の「海賊」も円熟を感じさせるアンサンブルだ。しかし♪I will take you の「ア~イ」を抑え気味なのは残念。やはり船長らしく部下に呼びかけてもらいたいものだ。声が出ないのかと思ったが、後半ではしっかり出しているので、出ないわけでもなかったらしい。翌93年の南米ツアーあたりの「海賊」では、「Tonight!」のあとのパーマーのドラムによるタメがはいり、また一度終わったあとに再度オープニングのフレーズが出てくるなど、より一層の進化を遂げている。





WORKS LIVE / エマーソン、レイク&パーマー
ヤフオクで1620円。先日は『レディーズ&ジェントルメン』が1600円で落札されていたので、これくらいが相場か。
 中学生のころ聴いていたレコードを、四半世紀もたってからCDで聞き直すというのは、それなりに感慨深い。当時とはまた違った印象を受けることもある。この作品ははっきり言って当時ピンとこなかった。実は今でもそうだ。
 77年ツアーのうちオーケストラ入りの音源であるが、「奈落のボレロ」以外にその試みが成功しているとは言い難い。特に「ナイフ・エッジ」でオーケストラなど使う意義は感じられない。オビには「6人のシンガーをバックにしたがえ」とあるけど、シンガーの声はあまり聞こえない。「迷える旅人」のサビの部分あたりで大々的にコーラスがはいるのかと、身構えたところ肩すかしを食ってしまった(笑)。武器を装着しすぎて飛べなくなったモビルスーツのようだ。




Folk Roots, New Routes
MYMUSIC>COMというサイトで19.99ドル(総支払い28.99ドル)。結構高めだが、品切れ中が多いようなので、まあよしとしましょう。
 シャーリ・コリンズ(Shirley Collins)は、元スティーライ・スパンのアシュリー・ハッチングスとの作品や、妹ドリーと組んだ作品など、英トラッド会では大物のシンガー。一方ギターのデイヴィ・グレアム(Davy Graham)は近年再評価が進んでいるギタリストで、『レコード・コレクターズ』97年7月号(60年代ブリティッシュ・ロック・ギタリスト特集)によれば、ジミー・ペイジをはじめ、ジョン・レンボーンやバート・ヤンシュに影響を与えた人らしい。
 『レコード・コレクターズ』99年10月号のリイシュー・ガイドで、このCDが高い評価を受けていた。その後すっかり忘れていたが、たまたま見つけたので購入。シャーリーが持つ英国トラッドの要素とディヴィの米国ブルース・ジャズ要素が加わったこの作品は、英国フォーク・ロックのルーツを認識させてくれる作品。まさしく「folk roots, new routes」。 『レココレ』誌にもあったが、もっとも近似値のタイプをあげるとすれば、ペンタングルだろう。しかし注目すべきは、ほとんどがトラッドの中で収録曲中唯一デイヴィのオリジナルで、インストの「RIF MOUNTAIN」なのではないだろうか。この曲に漂うオリエンタルなムード。ブルースとフォークを足して、さらにオリエンタルなフレイバーと言えば......そう、LED ZEPPELIN。ペイジ&プラントの作品などを聴いてみると、この作品が彼らに与えた影響って結構強かったのかも......と思えてくる。



[READ MORE...]

BIGGER GIANTS / ボルショイ
ボルショイの1stである。厳密にはミニアルバムにシングルをコンパイルしたもの。2ndと3rdは日本でも発売され、今では二束三文なのだが、これだけ長らく廃盤でレア盤となっていた。ちょうどアナログからCDへの移行期で、オリジナルのリリースからCD化まで時間が開いてしまったのが原因だろう。
 というワケで、今年の1月にはebayで£12まで上がっていたので、ebayで19.99ドルで購入した(総支払い26.99ドル)。ところが、ベガーズ・バンケットのオフィシャル・サイトでは£5.5で売られていることが判明。送料は£2だって。ホントは約半分の出費ですんだわけで、大失敗。ジャケットにはご丁寧に「SPECIAL LOW PRICE」って書いてある。
 今聴いてみると、これが結構格好いい。昔々は、例の雑誌(Fで始まるヤツ)に「バウハウスやキリング・ジョークの後継者」みたいなことが書いてあったので張り切って購入したところ、聴いてビックリ全然違う!という期待はずれバンドだったんですけどね。「Sunday Morning」「Books On The Bonfire」等12インチ2枚組なんかも買った記憶がある。でも一番好きなのは『フレンズ』(コロムビアから日本盤もでていた)のオープニング、「Away」。ギターが流麗な感じで良かった。エッジを効かせたギターに、少し暗めの冷たい雰囲気のヴォーカルと曲調、隠し味に叙情的なピアノも入れてみましたってトコロは、まさにニューウェーヴって感じですな。




THE DUST OF TIME / エマーソン、レイク&パーマー
74年8月のNY公演(シャーロッテ・モーター・スピードウェイ)を収録した2枚組で、リリース元はハイランド。ヤフオクで1200円で落札。スタートは200円で、同じ人が同じくハイランドの『GREAT GATES OF NUERUNBERG』というアイテムも出品なさっていたので、そちらにも1200円まで入れておいたものの、そっちは1300円で取り逃がしてしまった。
ジャケ的にはタルカスとマンティコアが戦っている『ニュルンベルク』に惹かれたのだが。ハイランドは『HISTRICAL AT AN EXHIBITION』(92年のアルゼンチン公演を収録)という極めて高音質・好内容のアイテムを買って以来信頼しているレーベル。収録曲は以下の通り。

 DISC 1
1. Jerusalem
2. Toccata
3. Tarkus
4. Take A Pebble
5. Still....You Turn Me On
6. Lucky Man
7. Piano Improvisation
8. Take A Pebble

DISC 2
1. Karn Evil 9
2. Pictures At An Exhibition

 音質の方はそれなりであるものの、演奏はかなりよい。時期的にはカリフォルニア・ジャムのあとであるが、74年と言えば『レディース&ジェントルメン』『ゼン&ナウ』『キング・ビスケット』等オフィシャルでも多くのライヴ音源がリリースされていることから分かるとおり、彼らの絶頂期である。「タルカス」でのエマーソンの凄まじいプレイ、オフィシャルではまだ未発表の「メイプル・リーフ・ラグ」を含んだ「ピアノ・インプロヴィゼイション」、この時期の定番である「悪の教典9」~「展覧会の絵」の大作2連発等聞き物は多い。惜しむらくは、超ハイテンションの「タルカス」が最後まで収録されていないことと(それでも30分は収録されているのだが)、(多分演奏されたと思われる)「ホウダウン」が未収録になっていることである。




BEST OF THE BOOTLEGS / エマーソン、レイク&パーマー
ebayで10ドル(総支払い15ドル)。先日ヤフオクに送料込み千円スタートで出品されていたが、百円違いの千百円で取り逃がしたので、購入。これくらいの値段なら、まあ許容範囲だろう。
 2001年からリリースされたオフィシャル・ブートレッグ・シリーズのVol.1Vol.2とをダイジェストしたもので、ハコを買った人には必要ないアイテムだが、日本盤は1ハコ1万3千円もするので、手っ取り早く聴くにはちょうどいい。収録曲は以下の通り。

 Disc 1: 74:44
 1. Hoedown (4:03)
 2. Knife Edge (7:09)
 3. Pictures at an Exhibition (16:55)
 4. Take a Pebble /Lucky Man (8:23)
 5. Tarkus (25:18)
 6. Endless Enigma (9:05)
 7. Nutrocker (3:51)

 Disc 2: 65:08
 8. Jerusalem (2:54)
 9. Pirates (13:07)
10. Karn Evil 9 First Impression (21:50)
11. Still... You Turn Me On (3:04)
12. Barbarian (5:20)
13. C'est la Vie (4:15)
14. Fanfare for the Common Man (14:38)

 「未開人」「永遠の謎」といった、あまり聴くことのない曲も収録されているが、モトネタがモトネタだけに、音質はツライ。ブートを初めて聴くという人は、きっと驚いただろう。オフィシャルで出すのなら、音質はもう少しどうにかならなかったものか。中には「庶民のファンファーレ」のエンディングのように、明らかにテープ編集で別音源同士をつなげたと思われるものもある。
 音源としては、71年のニューヨーク(2,12)、72年のサラトガ(1,6)、ロングビーチ(3,4)、ケンタッキー(5,7)、74年のウィチタ(8,10)、バッファロー(11)、77年のニューヘヴン(9,13,14)。『ストレンジ・デイズ』No.66の特集記事にもあったが、72年・74年の音源をそれぞれ複数収録するよりも、73年の音源を収録するべき。 「海賊」はオケなしのうえに音がスカスカなので、キースのGX-1の音がよけいに軽く聞こえるが♪I will take you の♪ア~イの部分にダブル・トラッキングのエフェクトがかけられているのが、よくわかる。この音源はドラムの音がやたらに近いが、「庶民のファンファーレ」では左右にドラムがパンするので、一応SBステレオである。




The Songs of Sandy Denny / No Grey Faith
ヤフオクで2900円。1480円スタートだったので、結構上がったような気がするが、私としては「安値落札」である。一応4千円までは考えていたが。
 NO GREY FAITH は元フェアポート・コンヴェンションのイアン・マシューズのバンド。この作品は2000年に限定でリリースされたサンディ・デニーのカヴァー集。『Secrets All Told』というタイトルがついているが、これはアルバム最後の曲「The Music Weaver」の歌詞からとられたタイトルだろう。収録曲は以下の通り。

1. Intro
2. Rising for the Moon
3. One Way Donkey Ride
4. Bushes and Briars
5. By the Time It Gets Dark
6. It'll Take a Long Time
7. Winter Winds
8. Interlude
9. Listen, Listen
10. Solo
11. I'm a Dreamer
12. Autopsy
13. Reprise
14. The Music Weaver

 イアンの声もまだ若々しく、Lindsay Gilmourという女性ヴォーカルもいい感じである。一発目の「時の流れを誰が知る」(表記は「Intro」)から、サンディへのリスペクトが感じられる解釈だと思う。サンディ版とは違って軽やかな「Listen, Listen」も素晴らしい。サンディも『Sandy』で感じられるように意外とアメリカ志向も持っているので、イアンとはウマが合ったのかも。下のハコでもイアンとも「Thro' My Eyes」なんかが入ってる。
 それにしても、このCDはなぜ限定リリースだったのだろう。おそらくイアンはサンディをネタにした商売をしたくはなかったけど、彼女へのオマージュは捧げたかったのではないかな。当然ながら「For Sandy」というクレジットがある。




A Boxful Of Treasures / Sandy Denny
昨年末にリリースされた、故サンディ・デニーの5枚組ボックスセット。AmazonJPが8890円、HMVが8399円なのでHMVで買ったのだが、よく考えたらAmazonは5千円以上買うと500円のギフト券がもらえる。先月分のギフト券もまだ使ってなかった。ちょっと失敗。
 内容は素晴らしいですな。5枚目はボーナス・ディスクという位置づけらしくて、5枚目だけペーパースリーヴに入っているのだが、オープンリールのテープケース風デザインがいい感じ。ディスク1は音質にバラつきが見られるが、多分時代順に並べようという編集なのだろうから、これはいたしかたない。ただ「This Train」など、『The Original Sandy Denny』より音質が向上してるような気もする(気のせいか?)し、既発テイクは音質の向上がはかられているのではないかな。付属のブックレットも豪華で、ボックスのデザインもよろしい。いい仕事ですぞ。『The Attic Tracks』でも驚いたのに、まだまだお宝が眠っていたんですねぇ。
 日本盤もでているようだ。でも1万3千円だって!!これは法外。一体誰が買うんだろうね。昔でてたデヴィッド・シルヴィアンの『ウェザー・ボックス』みたいに、輸入のボックスに日本語の解説つけたものらしいが、輸入盤より5千円近く高いってのアリですかっ!?5千円分の解説とは一体どんな解説なのか読んでみたい気がしないでもないが、私には日本盤を買う勇気はない。買った方、内容を教えてください。
 今年の正月に本屋に行ったら、時々買っている『THE DIG』という雑誌があって、表紙には「サンディ・デニー」の文字がっ!期待して手に取った私がバカでした。この雑誌ではNo.1のツェッペリン特集でサンディ・デニーの記事があって、これが結構良かった(といっても前半は『The Original Sandy Denny』の英文ライナーを訳しただけだが)ので、期待したんですが.....確かにトレヴァー・ルーカスはサンディに比べればコンポーザーとしての才能は低い。フォザリンゲイのアルバムで彼女の作品とトレヴァーの曲を聴き較べてみればそれは誰にでも分かる。だが「現在も活動中でハイクオリティな作品を作り続けている人」と、既に故人となった人を比較し、故人の才能のなさを揶揄して何か意味があるのだろうか。そもそも、ある人の有能さを讃えるために別の人を貶めるという筆法が問題である。トレヴァー・ルーカスはサンディの夫だったんですよ。だからこそ出来た仕事ってのもあったんじゃないですかねぇ?あまりに不愉快だったので、他に興味ある記事(ペイジ御大やT.REX)があったけど買わなかった。なので今となっては確認できないが、記事中に既発曲を未発表曲であるかのような記述があったように思う。無料のインターネットの記事ならともかく、有料の雑誌記事としてはまったくいただけない。この程度の記事を表紙で紹介しないで欲しい。サンディとしても本意ではあるまい。このボックスを聴きつつ、二人の来世での幸せを祈るのみである。



[READ MORE...]

KING BISCUIT FLOWER HOUR / エマーソン、レイク&パーマー
ヤクオクで1580円(即決)。ちょっと高かったかな?ELPの『ナウ&ゼン』を10円の差(960円)で取り逃がしたので、こちらを購入。エンハンストなのと、何といっても私の大好きな「海賊」が収録されているのが、個人的にポイント高い。
 世間一般の評価と違って、私はELPの『四部作』が好きだ。なかでも「海賊」は特に好んで聴いている。高校の体育では、創作ダンスという種目があるが、昨年海賊をテーマにしたダンスを発表したクラスがあった。と言っても映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の音楽を使っていたけど。どうせなら、ELPの「海賊」を使っていただきたいものだ。私の高校時代の体育実技の教科書では、創作ダンスにおすすめの曲として、「チューブラー・ベルズ」(表記は「エクソシストのテーマ」だったが)と並んで、「悪の教典」が紹介されていた。
 77年のツアーでは、最初オーケストラを帯同していたため、ツアー初期にはオーケストラ入りで「海賊」が演奏されたはず。オフィシャルの『ワークス・ライヴ』には収録されていない。NDALの『Last Impression』(『キング・ビスケット』収録の「庶民のファンファーレ」は、『Last Impression』に収録されている2テイクのうちの最初の方と同じだろう)にも「海賊」は入っていませんな。92年のツアーでも演奏されていて色んな音源があるが、97年ツアーのモノで「海賊」は聴いたことがない。演奏されなかったのだろうか。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。