洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


見つめていたい / ポリス
police.jpg

 原題は「Every breath you take」。5枚目のアルバム『シンクロニシティー』からの1stシングルで、英米ともに1位を獲得。ビルボードは年間チャートでも1位でした。いい曲ですが、歌詞の内容はやや偏執狂的で、ストーカー気味の感じもしますね。




スポンサーサイト

Between Happiness and Heartache / BREATHLESS
ebayで13.00ドル。総支払いは18.95ドルでありました。




フェイク / アレキサンダー・オニール
alex02.jpg

 実力派ヴォーカリスト、アレクサンダー・オニール(1953年11月15日、ミシシッピ州ネイチェズ生まれ)の87年のヒット曲で25位を記録。73年にミネアポリスに移住したアレックスは、76年頃にはプリンス一派で、モーリス・デイ率いる才能集団タイムの前身バンドであるフライトタイムに参加したとのこと。この曲が収録された『ヒアセイ(噂)』は、フライトタイム時代の僚友で、当時売れっ子プロデューサー・チームのジミー・ジャム&テリー・ルイス(ジャネット・ジャクソン『リズム・ネイション』など)の応援を得て制作されました。力強いアレックスのヴォーカルが上手く生かされた、クールで疾走感溢れる好ナンバーです。
 この頃のTABUレーベル(CBS傘下)は、90年代のVirgin10と同じくらいオシャレなレーベルでありました。前の年には、同じくTabuに所属していたシェレールとデュエットしたロマンティックな「サタディ・ラヴ」も26位を記録。 88年には彼女とともにとして来日、「Tabu Nights」と銘打ったオシャレなステージを繰り広げた(らしい)。来日に合わせてリリ-スされたミニ・アルバム『Tabu Nights』(15EP8022)には2曲の他、同じくシェレールとのデュエット「EVERYTHING I MISS AT HOME」、故ロバート・パーマーのカヴァーで知られる「I DODN'T MEAN TO TURN YOU ON」の計4曲入り。



alex01.jpg












僕はこんなに / ネイキッド・アイズ
naked.jpg


 原題は「ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME」。82年のヒット曲(8位)で、シンセ・ドラムと流麗なキーボード、そして甘酸っぱい歌詞が印象的なバカラック・ナンバー。プロデューサーは奇才トニー・マンスフィールド。日本盤7インチ(EMS-17376)は、イントロが鐘の音で始まるヴァージョンだが、その後私が買った『rock'on selection : Essential Rock Of UK 80's』というCDにはシンセ・ドラムで始まるヴァージョンが収録されている。シンセ・ドラムのイントロはUSミックスで、鐘の音だけで始まるのはオリジナルUKミックスらしい。
 バンドはロブ・フィッシャーとピート・バーンの2人(この二人はユニット結成以前にネオンというバンドでティアーズ・フォー・フィアーズの二人とバンドを組んでいたらしいです。CD化されています。)によるユニットで、ネイキッド・アイズ解散後にロブの方はクライミー=フィッシャーというこれまた二人組のユニットをつくったが、99年に死去しています。
 タタキ文句は、
「Please, come back 帰っておくれこの胸に・・・・・・イギリス・エレクトロ・ポップ大物新人、2人組ネイキッド・アイズの甘くせつないモダーン・エイジ・ラヴ・ソング!!」
 胸キュン(笑)のいい歌詞なんですよ。





DAMAGE DVD+CD / DAVID SYLVIAN & ROBERT FRIPP
ebayで13.00ドル(総支払い18.00ドル....書留だった)。売り主はラトヴィアのリガの人。予想通りブートだった。CDの方はオリジナルではなく再発盤が使用されており、DVDは以前日本でもVAPからLDで発売されていた93年10月26日の中野サンプラザ公演である。一応プレス盤のようで、シュリンクされていた。紙ジャケットのつくり・デザインもよく、なかなか好感がもてる。現在これに『First Day』を加えた3枚組もebayに出ているが、多分同じ業者の手によるアイテムであろう。




ポップ・ミューヂック / M
m.jpg


 Mはロビン・スコットなる男性とブリジット・ノヴィクなる女性によるユニット。1979年に全米No.1となるも、その後はパッとせず、いわゆる「一発屋」であります。とはいえ、その後坂本龍一やトーマス・ドルビーと活動するなど、結構面白いこともやってました。








BONZO'S BIRTHDAY PRESENTS / LED ZEPPELIN
定番音源のSB版。ヤフオクで1200円。




ハート・アンド・ソウル / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
lewis.jpg


 83年にリリースされた『スポーツ』からのカットで、8位まで上昇したナンバー。陽気なアメリカンの代表みたいなバンドですが、私は苦労人しか出せない職人芸のバンドというイメージを持っていて、どことなく、「人生の裏表両方知ってる」みたいな雰囲気が好きなんですけどね。オフィシャル・サイトは こちら
 タタキ文句は、
「サンフランシスコからニューヨークまで、僕らがオール・アメリカン! ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースのとびっきりシングル。」





ザ・リドル / ニック・カーショウ
nik01.jpg


 『Human Racing』(83年)に続く2作目『The Riddle』からの1stシングルで、全英でも3位まで上昇しました(『MUSIC WEEK』) 。本人は必死になって否定していたが、同時期に活躍したハワード・ジョーンズと同類項であるのは誰もが認めるところ。25歳と比較的遅咲きデビューである点も共通していますな。引き締まったマスクゆえ女性ファンも多く、「I Won't Let the Sun Go Down on Me」のPVに見られるように、初期にはアイドルとしてプロモートされていました。以下日本盤アルバムのライナーに掲載されているインタビューより。
Q:「ハワード・ジョーンズとの比較」
A:「イヤッていうほど聞かれている質問だ。僕たちの似ているところは、初ヒットが同じ頃だったというだけだね。僕達を比較するような人間は、音楽を聴く耳をもたない奴らさ。」
Q:「84年のセックス・シンボルであることに対して」
A:「僕がセックス・シンボルだって?僕じゃなくてダドリー・ムーアじゃない?冗談だよ。セックス・シンボルなんて思ってもみなかったよ。」
だそうな。一時シーンから遠ざかっておりましたが99年にカムバック、現在も細々と活動中。オフォシャル・サイトはこちら




THERE'S NO END TO OUR LIVE / エマーソン、レイク&パーマー
71年6月3日のウィーン公演を収録。ヤフオクで980円。




カム・バック/ J.ガイルズ・バンド
comeback.jpg

 『レコード・コレクターズ』誌の特集で書かれていた、「超一流のB級バンド」という表現がピッタリの曲。ストーンズにはなりきれないけど、ロックンロール・スピリットじゃ負けない、みたいな潔さが溢れるロックンロール・ナンバー。80年に最高位32位を記録。ピーター・ウルフのアクションが一番目立っていたこの曲のPVを観てからしばらくの間、ヴォーカルの人がJ.ガイルズだと思っていた。
 タタキ文句は、
「アメリカン・バンドのプライドが炸裂するこのダイナミズム!! 『ワン・ラスト・キッス』から1年目の衝撃!!!!」




POP-UP 80's
ヤフオクで1000円。収録曲は以下の通り。

 1.ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ / ワム!
 2.ガール・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン / シンディ・ローパー
 3.アップタウン・ガール / ビリー・ジョエル
 4.マニック・マンデイ / バングルズ
 5.セパレイト・ウェイズ / ジャーニー
 6.ダンシング・シスター / ノーランズ
 7.サイキック・マジック / G.I.オレンジ
 8.ロックバルーンは99 / ネーナ
 9.ユー・スピン・ミー・アラウンド / デッド・オア・アライヴ
 10.ステイ・ウィズ・ミー / エイス・ワンダー
 11.デンジャー・ゾーン / ケニー・ロギンス
 12.愛は吐息のように / ベルリン
 13.ノックは夜中に / メン・アット・ワーク
 14.オーヴァーナイト・サクセス / テリー・デサリオ
 15.エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ / ポール・ヤング
 16.ヒーロー / ボニー・タイラー
 17.カモン・フィール・ザ・ノイズ / クワイエット・ライオット
 18.ホールド・ユー・バック / TOTO
 19.ファイナル・カウントダウン / ヨーロッパ




ニュー・センセイション / インエクセス
kick.jpg


 オーストラリア出身の6人組、インエクセスが88年にリリースしたシングルで、全米で最高位3位を記録。彼らの6枚目のアルバム『KICK』(87年)から3rdシングルとしてリリースされました。単調なんだけど耳から離れない印象的なギターのカッティング・リフと、途中のブレイクがとても格好いいロック・ナンバー。このアルバムからは「ニード・ユー・トゥナイト」(1位)、「デヴィル・インサイド」(2位)、「ネヴァー・ティア・アス・アパート」(7位)と4曲がトップ10入りを果たしてます。 ヴォーカルでフロントマンであったマイケル・ハッチェンスは、新世代のミック・ジャガーとも称されるほど期待されたヴォーカリストでしたが、1997年に自殺、バンドは活動休止を余儀なくされました。現在は新メンバーを迎えて活動中の模様です。オフィシャルサイトはこちら







ネヴァー / ハート

IMG_1378.jpg


 アン&ナンシー姉妹を中心に70年代から活躍するハートが、自らのグループ名をタイトルにした自信作『ハート』(85年)からの第2弾シングルで、4位まで上昇。このアルバムからはこの曲以外にも「WHAT ABOUT LOVE?」(10位)、「THESE DREAMS」(1位)、「NOTHIN' AT ALL」(10位)とカットされた4枚のシングルすべてがトップ10入りを果たしている。癒し系の「THESE DREAMS」もイイ曲ですが、ハートの持ち味はかつての「バラクーダ」や「ロックンロール」(ツェッペリンのカヴァー) みたいに、ロックンロールでしょう。








公式ウェブサイトを見ると、最近はボランティア活動にも熱心なようです。
[http://www.heart-music.com/]



サイキック・マジック / G.I.オレンジ

psychicmagic01.jpg

psychicmagic02.jpg




 カール、マイク、サイモンのウィットワース3兄弟を中心とした4人組、G.I. オレンジの2ndシングル(85年)。ちなみに1stシングルは「涙でブレイク・アウェイ」。完全に日本市場をターゲットとした大々的なプロモートをされ、「ときめきパーティ」と銘打たれて全国各地を一ヶ月以上に渡って縦断したほどです。5枚目のシングルをリリースした後忽然とシーンから姿を消しました。何でも権利の持ち主が不明でリイシューできないということで、アルバムのCDは高値を呼んでいます。ebayでは日本盤オビ゙付き(32DP-243)が32ドルまで上がり(2003年8月)、その後ヤフオクでは、アナログLPが1万円、CDに至っては1万9千円で出品されています(いくらなんでもこりゃムチャな値段設定)。








リラックス / フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
DSCF3122.jpg


 トレヴァー・ホーンがプロデュースしたZTT第二弾アーティスト。リヴァプール出身でヴォーカルのホリー・ジョンソンは、同市の伝説的バンドビッグ・イン・ジャパンの元メンバー。メンバーの一人でゲイのポール・ラザフォード(ヴォーカリスト兼ダンサー)は、故フレディ・マーキュリーに似てた。
 SMとセックスをネタにした歌詞も過激なら、プロモーション・ヴィデオも過激。曲の方も数種類のヴァージョンがあったけど、PVも数種類が存在。曲もPVも放送禁止になりながらも全英チャートNo.1を独走して話題となる。B面は「ワン・セプテンバー・マンデー」。「夜のヒットスタジオ」では、イギリスから衛星でこの曲が中継され、加山雄三が手拍子をとっていた。ホリーは最後に「サヨナラ、ジャパン!」と叫び放送は終了。

 CDシングル(Atlantic‎– 85659-2)に収録されているヴァージョンは、

1. Jam & Spoon Trip-O-Matic Fairytale Mix
2. Jam & Spoon Hi N-R-G Mix
3. Ollie J Remix
4. Trip Ship Edit
5. Original Mix A.K.A. New York Mix






Laser Beam Version


Gorilla Version


Body Double Version


Restored Version



FINAL COURT / LED ZEPPELIN
75年5月25日のアールス・コート。ヤフオクで1000円。SBであるが迫力は今ひとつといったところ。




モダン・ガール / シーナ・イーストン
moderngirl.jpg

moderngirl02.jpg


 シーナ・イーストンSheena Eastonのデビュー曲。81年に全米18位まで上昇しましたが、アメリカでは「Morning Train(9 to 5)」(ドリー・パートンが歌う映画のテーマ曲と同名だったことから、イギリスとは違ったタイトルでリリース)が先にヒットし、1位となっています。
 軽快で覚えやすいメロディーと、キュートな彼女の歌声が印象的な曲。見開きジャケで裏もカラーのポートレイト。1959年の生まれで今年46歳だって。B面は「恋のパラドックス」。オフィシャル・サイトもあります。 タタキ文句は、
「スター誕生!'81、シーナはシティ・エレガンス」
 「シティ・エレガンス」って一体何でしょうか.....??



ハングリー・ライク・ザ・ウルフ(狼のように飢えて) / デュラン・デュラン
duran.jpg

 ニューロマ(ニュー・ロマンティック)を代表するバンドがこのデュラン・デュラン。ユニークなバンド名は、SF映画『バーバレラ』の登場キャラクターに因むとか。
 この曲はあまり知られていませんが、ポップでキャッチーなメロディーと華麗なアレンジが印象的な佳曲。日本ではサッパリ売れなかったものの、アメリカではヒットしたため日本では再リリースされました。このジャケットの盤(東芝EMI EMS-17266)は再発かオリジナルかは不明。どなたかこれと別のジャケットをお持ちの方、情報をお寄せください。B面は「ケアレス・メモリーズ(ライヴ・ヴァージョン)」。デュラン・デュランのオフィシャル・サイトはこちら
 タタキ文句は、
「全米で大ヒット!! '83年いよいよ世界制覇をめざすDURAN DURAN、本格的ビッグ・ヒット・ナンバー。」




ドライヴ / カーズ
drive

 流麗なキーボードと、ベンジャミン・オール(ジャケ写真で右上の赤い革ジャン&「東京」という文字がはいったTシャツを着ている人)の優しげなヴォーカルが印象的な佳曲。いい曲なんですが、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったプリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」に阻まれて全米チャートでは3位止まりでした(84年)。
 カーズのビデオには良い作品が多いのですが(「ユー・マイト・シンク」など)、この曲のビデオも、登場する女性の美しさや彼女と喧嘩するリックの声がヴォコーダーを通している点など印象深いものでした。 85年にはかのライヴ・エイドにおいて、アフリカの現状を伝えるシーンにこの曲が使用され、話題となりました。なおヴォーカルのベンジャミン・オールは2000年に膵臓ガンのため亡くなっています。
 タタキ文句は
「夜更けのハイウェイ、疾走する1台の自動車、窓から飛び込む心地良い風が貴女の髪をもてあそぶ!!ロマンティック・ナイトを演出する極めつけカーズ待望のニュー・シングル!!」








夢見る人 / ニッキー・ホプキンス
ヤフオクで900円。日本盤オビつき。



[READ MORE...]

LIVE TUBULAR BELLS / マイク・オールドフィールド
ヤフオクで1000円。クレジットは79年。音質はよい。TBプラスTB風「ギルティ」の3曲を収録。




コール・ミー / ブロンディ
callme.jpg


 80年代のセックス・シンボル、デボラ・ハリー率いるブロンディのダンス・ナンバー。 80年に全米No.1。「ハート・オブ・グラス」同様、ジョルジョ・モロダーがプロデュースを手がけている。リチャード・ギア主演の映画『アメリカン・ジゴロ』のテーマソング。クリス・スタインが白血病におかされ、デビーも一時はシーンから遠ざかっていましたが、カムバックしたようです。2003年には来日しました。オフィシャル・サイトもあります。









BBCセッションズ / ジュリアン・コープ
ヤフオクで870円。国内盤未開封。




ルック・オブ・ラブ / ABC
look_of_love

 イギリスはシェフィールド出身の4人組、ABCのヒット曲(82年)。80年代、似たようなエレポップバンドはたくさんありましたが、その中でもオシャレな雰囲気をもったグループの一つがこのABCでした。
 この曲はエレクトロニックなダンス・チューンながら、ホーンやストリングスを効果的に使ったアダルトでオシャレな雰囲気もたたえた好ナンバー。ヴォーカルのマーティン・フライは容姿もダンディで華麗なら、ヴォーカルもセクシー。イギリスでは4位、アメリカでも18位と健闘しました。デビューアルバム『THE LEXICON OF LOVE』(邦題『ルック・オブ・ラブ』)は、全英チャートで初登場1位を記録しました。
 上のジャケ写真は英盤7インチ。ebayで£1.2。





テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽


HOW I WISH WE ARE HERE WITH YOU / ニュー・オーダー
ヤフオクで1000円。85年8月1日、ニューヨークでのクラブ公演を収録。オーディエンスだがかなり良好。惜しむらくは、「トゥルー・フェイス」と「ブルー・マンデー」が収録されていない。




Lullabies to Violaine / Cocteau Twins
コクトー・ツインズの4枚組ボックス。アマゾンUKのマーケットプレイスで£17.75(総支払い£21.33)。色々調べたところアマゾンJPが一番安かった(税込4,851円)ので、11月1日にアマゾンJPに予約をしたのだが、11月の28日になって入手不可のメールが届いた。コクトー・ツインズのオフィシャルサイトでは、アマゾンUSかアムネスティのサイトで買えというインフォがあったが、アマゾンUKのマーケットプレイスで、<a target="_blank" href=" http://www.cd-wow.com">CD-WOW</a>というショップが安く出していたので購入。安くて入手できて、かえってよかった?来年米盤がでるそうで、アマゾンUSで予約受付中です。




コンプリート・スウォーブリック / Dave Swarbrick
ヤフオクで1500円。新品未開封だった。フェアポートのフィドラー、デイヴ・スウォーブリックの1stソロと2ndソロをまとめた2枚組。




Waiting For The Sirens' Call -3 x 7" / New Order
ebayで£4.99(総支払い£10.00)。「Buy It Now」価格だったので買ったのだが、出回りすぎ。£3以下でも落ちてるみたい。日本円で3枚500円だって。ちょっと失敗かな。