洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


バッド・ガール / ドナ・サマー
badgirl.jpg


 79年のアルバム『華麗なる誘惑』(後にバッド・ガール』に変更)から、「ホット・スタッフ」(最近では梅宮アンナのCokeのCMにイントロが使用された)に続く第2弾シングル。79年7月に5週連続No.1となった大ヒット曲です。年間チャートでは、ナックの「マイ・シャーロナ」(6週連続No.1)に抑えられ、惜しくも2位でした。しかし6月には「ホット・スタッフ」がNo.1となっており、このシングルのライナーによれば、79年6月30日付の「ビルボード」では2位が「ホット・スタッフ」で3位がこの「バッド・ガール」と、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。1978~80年が彼女の黄金時代と言っていいでしょう。
 プロデュースは、ディスコを席巻したミュンヘン・サウンドの総帥ジョルジョ・モロダー&ピート・ベロッテ、アレンジは「ビバリー・ヒルズ・コップのテーマ~アクセルF」のハロルド・フォルターメイヤーです。演奏が終わった後にも続く、Tu tu, hey, pi piのため息に胸躍らせた私は、中学2年生でした。




スポンサーサイト