洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワン・シング(リーズ・トゥ・アナザー) / フィクス

fixx01.jpg



 フィクス2枚目のアルバム『リーチ・ザ・ビーチ』(83年)から、「セイヴド・バイ・ゼロ」(20位)に続く2枚目のシングルで、全米で4位まで上がったヒット曲。彼らの唯一のトップ10ヒットです。プロデュースはルパート・ハインで、イギリス出身らしく、エレクトロ風味と暗い感じのポップさが魅力。

 フィクス(The FIXX)は、イギリス出身の5人組。ポリスの全米ツアーに前座として参加したことがきっかけで、本国よりもアメリカで先にブレイクしました。90年代初頭に活動を停止しましたが、99年ころに再開、2003年にもアルバムをリリースしています。







スポンサーサイト

トーキング・イン・ユア・スリープ / ロマンティックス

romantics.jpg



 彼らの4枚目のアルバム『イン・ヒート(IN HEAT)』からのシングルで、84年に全米で3位まで上がるヒットとなりました。歌詞がユニークで、恋人が寝言で言ってたことが気になって苛立つ心を、ストレートなロックに乗せて歌っています。バンド名は当時の「ニューロマ」を思い出しますが、音とルックスはロックっぽい感じです。
 ロマンティックスは、ウォーリー・パーマー(G,V)、マイク・スキル(G,V)、リック・コール(B,V)、ジミー・マノリス(D,Per,V)の4人組によって、1977年のバレンタイン・デーにデトロイトで結成されました(アルバム・デビューは79年)。その後リック・コールが抜け、代わってコズ・キャンレー(G,V)が加入、マイク・スキルがベース担当となっています。「第2のナック」を夢見ながらも、「ブリティッシュ・インヴェンション」によって多くのアメリカン・バンドが消えていった中で、しぶとく生き残ったのが彼らでした。第2弾シングル「ワン・イン・ア・ミリオン」もトップ40入りしました(37位)。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。