洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブロウクン・ウィングス / Mr.ミスター

broken_wings.jpg



 Mr.ミスター2枚目のアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』(85年)からの1stシングルで、2週にわたり全米No.1となりました(ちなみにこの曲に取って代わったのは、ライオネル・リッチーの「セイ・ユー、セイ・ミー」)。次のシングル「キリエ」と違って、ベースラインに導かれて始まる、暗く叙情的なメロディーラインが魅力の曲。ハイトーンながら哀愁を帯びたヴォーカルもいいですし、シンセの使い方も実に巧いです。後半のギターもいい感じです。
 この曲の歌詞は、レバノン生まれのアラブ系詩人/アーティストカーリル・ギブランの本『Broken Wings』にインスパイアされたとのこと。その後、この曲はヒップホップラッパー、2Pacの「Until the End of Time」でサンプリングされました。リリース当時の邦題は、「ブロークン・ウィングス」ではなく、「ブロウクン・ウィングス」です。

 Mr.ミスターの母体となったのは、ヴォーカル&ベースのリチャード・ペイジと、キーボードのスティーヴ・ジョージがつくっていたペイジズ(Pages)というバンド。この2人がドラムのパット・マステロットとギターのスティーヴ・ファリスを迎え、1983年にアルバム『アイ・ウェア・ザ・フェイス(I Wear the Face)』でデビューしたのがMr.ミスター(Mr.Mister)です。なおこの「ブロウクン・ウィングズ」のコンポーザーとして、リチャード、スティーヴとともにクレジットされているジョン・ラングも、ペイジズの元メンバーです。

 リチャード・ペイジはヴォーカリストとして、デヴィッド・フォスターやリック・スプリングフィールドといったポップ系から、ホワイトスネイク、サミー・ヘイガーといったHR/HM系に至るまで数多くのアーティストの作品に参加しており(AllMusicの一覧表を参照)、かつてはボビー・キムボールの後任としてTOTOに、ピーター・セテラの後任としてシカゴにそれぞれ誘われたという逸話の持ち主。リック・スプリングフィールドはアルバム『ザ・デイ・アフター・イエスタデイ』でこの曲をカヴァーしていますが、リチャード・ペイジ自身もこのカヴァーに参加しています。日本盤『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』のライナーによれば、日本でも喜太郎が音楽を手がけたラーメンのCMで、リチャード・ペイジの歌が使われたことがあるとのこと。

 この曲が収められたアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』からカットされた3枚のシングルのうち、2曲がNo.1、残る1曲「イズ・イット・ラヴ」も8位まで上がりました。「ウィー・アー・ザ・ワールド」がなかったら、グラミー賞を受賞していたでことしょう。
 
 Mr.ミスターは87年に3枚目のアルバム『Go On...』をリリースしましたが、シングル「サムシング・リアル」は29位までしか上がらず、以後カットされたシングルは、100以内にもはいらなかったようです。その後ギタリストのスティーヴ・ファリスが脱退、一時的に元イエスのトレヴァー・ラヴィンが在籍した時期もありましたが(これは『ウェルカム・トゥ・ザ。リアル・ワールド』のプロデューサー、ポール・デヴィリアーズが、イエスの『90125』ツアーでミキシング・エンジニアだったという人脈によるもの)、グループはセッション・ギタリストを迎えて4枚目のアルバムのレコーディングに着手します。しかしこのアルバムは結局日の目を見ることなく、Mr.ミスターは解散。お蔵入りとなった作品のうち「Waiting in My Dreams」という曲が、2001年にリリースされたベスト盤に収録されています。

 バンドの解散後、メンバーはソロ活動にはいりますが(Wikipediaの記事を参照してください)、中でも興味深いのがドラマーのパット・マステロットの活動。彼については、別の機会に検証したいと思います。









リック・スプリングフィールドの「ブロウクン・ウィングス」




2pac ft Mr. Mister - Broken Wings (Until the end of time)








スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


シャウト~The Best Of Remixes
ティアーズ・フォー・フィアーズのリミックス集。ヤフオクで1200円。日本盤でオビつき。




グッド・ライフ / インナー・シティ

inner_city.jpg



 1988年にイギリスで4位まで上がったダンス・チューン。クールなテクノ・サウンドと女性ヴォーカルの絡みがなんともカッコいい曲です。♪Good life, good life ~ というサビの部分では、オビにあるように「甘く切ない」フィーリングもあって、なんとも魅惑的。当時イギリスで流行っていたアシッド/ハウスのブームに乗って、大ヒットしました。この頃は、あのビル・ドラモンド(エコー&ザ・バニーメンの1stの一部をプロデュースていたカメレオンズ)さえ、THE KLFというテクノ・ハウス・ユニットで活躍していたほど。
 インナー・シティ(INNER CITY)はデトロイトのケヴィン・サンダーソンと女性ヴォーカリストのパリス・グレイのふたりによるプロジェクト。デトロイト・テクノという、クールなブラック・テクノ・サウンドで一世を風靡しました。このユニットの持ち味はヴォーカルを前面に打ち出したテクノ/ハウス・サウンド。その点で、ハウスに接近したニュー・オーダーやブロウ・モンキーズとも接点があったのでしょう。インナー・シティが所属していたヴァージン傘下の10レコードには、他にもSOUL Ⅱ SOUL やマキシ・プリーストなど、良質のブラック系アーティストが所属していて、夜のドライブでよく聴いたものでした。
 1999年には、日本人DJによるリミックスを含んだリミックス集「グッド・ライフ99(ブエナ・ビダ ) リミクシーズ」がリリースされています。さらに93年にも、リミックスが発表されています。ハウス系テクノでは、「クラシック」とも言える曲でしょう。





テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


Ultimate Daryl Hall + John Oates / ダリル・ホール&ジョン・オーツ
ヤフオクで1380円。以前1800円まで上がって取り逃がしたことがあったので[http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/101657292]、まぁ満足の価格。「アダルト・エデュケイション」や「シーズ・ゴーン」など、ベスト盤『フロム・A・トゥ・ワン』収録のヴァージョンとは異なるヴァージョンで収録されている曲がありました。




チャリオッツ・オブ・ファイアー / ヴァンゲリス

vangelis.jpg



 映画『炎のランナー』(1981年、イギリス)のサウンドトラックで、メインテーマとして使用された曲。シンセサイザーによるインスト曲ながら、7週連続でトップの座を守っていたジョーン・ジェット&ザ・ブラック・ハーツの「アイ・ラヴ・ロックンロール」に代わってNo.1となりました(1982年5月8日付の『ビルボード』)。しかし翌週には、これまた7週連続No.1の「エボニー・アンド・アイボリー」(ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー)にトップの座を奪われるという不運なナンバーでもあります。今でも時々テレビ番組のBGMやスポーツイベントなどで使用されるので、耳にしたことがある人も多いでしょう。

 演奏しているのは、ギリシア出身のシンセサイザー奏者であるヴァンゲリス・パパサナシュー。日本の映画『南極物語』や、リドリー・スコット監督の映画『ブレードランナー』などのサントラを手がけたことで有名です。ヴァンゲリスについては、Wikipediaの記事を参照してください。






テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


ザ・デフィニティヴ・アメリカ / アメリカ
楽天のポイントが500円分ほどたまったので、楽天ブックスで購入。1500円。




シャウト / ティアーズ・フォー・フィアーズ

shout.jpg



 ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears For Fears)2枚目のアルバム『シャウト(原題はSongs From The Big Chair)』(84年)からのファースト・シングル。全英では4位止まりながら、翌85年には「ルール・ザ・ワールド」のヒットにより、全米で1位となりました。日本では舘ひろしが出演した、スズキの自動車カルタスのCM(「オレタチ(俺、舘)、カルタス」というコピーで有名)にも使われました。重くて暗い雰囲気なんだけど、覚えやすいメロディー、そしてエレクトロニクスの使い方が絶妙、という微妙なバランスが魅力の名曲です。
 ティアーズ・フォー・フィアーズは、 ローランド・オーザバル(Roland Orzabal)とカート・スミス(Curt Smith)によるユニット。このユニットについて、詳細はWikipediaを参照してください。

  オフィシャル・サイトはこちら[http://www.tearsforfears.net/index.html]














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。