洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよならは言わないで / コミュナーズ

communards.jpg


 ファルセット・ヴォイスが魅力のジミー・ソマーヴィルが、ブロンスキ・ビートに続いて結成したコミュナーズの2ndアルバム『レッド』(87年)から、「トゥモロウ」に続く第2弾シングル。87年に全英で4位まで上がりました。オリジナルはマイケル・ジャクソンのジャクソン5のヒット曲(71年に全米2位)。ですがこのコミュナーズのヴァージョンは、オリジナルの歌詞の「I never can say goodbye girl」の「girl」を「boy」に変えており、アレンジ共々75年にグロリア・ゲイナーがリバイバル・ヒット(全米9位)させたときのヴァージョンを下敷きにしています。打ち込みのビートと肩の力を抜いたように歌いこなすジミーのヴォーカルがここちよいダンサブルな曲。この曲が流れると「No, no, no, No,no,no No,no,no Huuhuu」と一緒に歌ってしまうのは私だけではないでしょう。この頃から世の中はアナログからCDに移行していったようですね。

 ジミー・ソマーヴィルはスコットランド(グラスゴー)出身のヴォーカリスト(1961年生まれ)で、友人のスティーヴ・ブロンスキとラリー・スタインバチェックとともブロンスキ・ビートを結成して、ロンドン・レコードからリリースした『エイジ・オブ・コンセント』(84年)でデビュー、「スモールタウン・ボーイ」「ホワイ」など数々のヒットを飛ばしました。ブロンスキ・ビートには、トレヴァー・ホーンのZTTからもオファーがあったという話が残っています。ジミーはゲイであることを公言し、そのことは彼の歌にも繁栄されています。「スモールタウン・ボーイ」は、ゲイである自分を受け入れてくれない両親のもとを去っていくという内容の曲で、この曲がヒットしたこと(全英3位)は、当時まだ強い偏見があったゲイに対するイメージを大きく変えたと言ってもいいでしょう。

 85年春、ジミーは突如失踪してそのままブロンスキ・ビートを脱退してしまいます。その後彼が86年に、リチャード・コールと結成したのがコミュナーズです。リチャード・コールは、ブロンスキ・ビートの3枚目のシングル「エイント・ネセサリリー・ソー」(全英17位)にゲスト参加していたピアニスト。 コミューナズは『コミュナーズ』(86年)、『レッド』(87年)と2枚のアルバムをリリースし、「ジス・ウェイ(Don't Leave Me This Way)」(全英1位)などのヒットを飛ばしましたが、89年にはいったころから2人の間に亀裂が生じ、コミュナーズはそのまま消滅してしましました。

 89年、ジミーはソロ活動を開始し、 『Read My Lips』(89年)、 『Dare To Love』(95年)、 『Manage The Damage』(99年)、 『Home Again』(05年)といった作品をリリースしています。私はこの人のヴォーカリストとしての才能と、音楽的センス(カヴァー曲の選曲の良さ!)をかなり高く評価していて、なお一層の活躍を期待しています。

公式サイト[http://www.jimmysomerville.co.uk/]







ジャクソン5


グロリア・ゲイナー



スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


セヴン / ジェイムス
ヤフオクで100円。ゆうちょ銀行で振り込んだので、送料160円の総支払いは360円。




La's +26 / ラーズ
不朽の名盤が、またしてもボートラ入りでリイシュー。これで3枚目。SHMCD仕様、とはいえ3800円はチト高い。




美しき生命 / コールドプレイ
楽天ポイントがたまったので、楽天ブックスで購入。初回盤はアマゾンJPではソールドアウトのため、ヤフオクでは2400円とか定価に近い値段がついてますが、楽天の各ショップにはまだ在庫があるようです。




ドライヴィング・サタディ・ナイト / キーン

keane.jpg


 キーン(KEANE)というと、最近ではイギリスの3人組を思い浮かべる人がほとんだと思いますが、私はこちらのキーン・ブラザースを真っ先に頭に浮かびます。

 この「ドライヴィング・サタディ・ナイト」(原題は「Tryin' To Kill A Sataturday Night」)は、1981にリリースされた曲で、当時カセットテープのCMにも使用されました。イントロのピアノが印象的で、キャッチーなメロディと凝ったアレンジ、爽やかなコーラスワークが魅力の、隠れた名曲です。当時、TOTOがよく引き合いに出されていましたが(確かにアルバム全体の雰囲気は似ている)、この曲に限って言えば、TOTOよりも若々しいエネルギーが感じられます。

 キーンは、トム(キーボード)とジョン(ドラム)のキーン兄弟を中心とした4人組。他のメンバーは、ベースのマイク・ミルウッドと、ギターのマーク・モウリン。この曲が収められたアルバム『KEANE(邦題は『ドライヴィング・サタディ・ナイト』)』がリリースされたとき、トムが17歳、ジョンが16歳というからオドロキです。プロデュースはトム。実はこのキーン兄弟、この作品がリリースされる前、 1976年と1979年にキーン・ブラザースの名義で2枚のアルバムをリリースしているようですが、そのプロデューサーとしてクレジットされているのがなんとデヴィッド・フォスター。その後兄弟は、4人組キーンを結成し、2枚のアルバムをリリースしています。82年にリリースされた2ndアルバム『Today,Tomorrow And Tonight』もCD化されています。






レッツ・ダンス / デビッド・ボウイー

bowie02.jpg



 1983年にリリースされた同名アルバムから、最初のシングル・カット。75年の「フェイム」以来、彼にとって2曲目の全米No.1ヒットとなりました。プロデュースはナイル・ロジャース(CHIC)で、バスドラムにシンクロするベースラインで強調されたリズム、無機質なシンセ、そして独特の音の広がりを感じさせるボブ・クリアマウンテンのミキシングという、後に「パワー・ステイション・サウンド」として一世を風靡する音です。

 デビッド・ボウイ=「アーティスティックなカルト・ヒーロー」とみていた古くからのファンの中には、とまどった人も多かったようですが、これもまたボウイ。カメレオンのごとく変幻自在のボウイの、面目躍如といったところでしょう。『ビルボード』では3週連続トップのマイケル・ジャクソン「今夜はビート・イット」に替わり、83年5月21日付けでトップの座につきましたが、翌週にはアイリーン・キャラの「フラッシュダンス」(6週連続No.1)にその座を譲っています。

 ギターは、今は亡きスティーヴィー・レイ・ヴォーン








テーマ:音楽 - ジャンル:音楽




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。