洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


グレイテスト・ヒッツ/ ボストン
ヤフオクで640円。日本盤ですが、オビはなしです。
スポンサーサイト

ベスト・コレクション / スティーヴィー・ワンダー
ヤフオクで1600円まで上がったので(スタートは500円)、AmazonJPのマーケットプレイスで購入。こちらでは1000円(総支払い1340円)でした。日本盤の帯付きです。

ウェスト・エンド・ガールズ / ペット・ショップ・ボーイズ

pet_shop_boys.jpg




 今や大御所となったペット・ショップ・ボーイズの初ヒット曲。86年に全米、85年に全英でそれぞれNo.1となっています(イギリスでの初リリースは84年)。無機質なシンセ・サウンドに乗った、ほとんど「喋り」とも言える呟くような歌は、ラップと違ってエモーショナルな部分を感じさせないスマートさ醸し出しています。ニューロマとは一線を画した、ユーロ・エレ・ポップの真骨頂と言えるでしょう。
  ペット・ショップ・ボーイズ(Pet Shop Boys)は、ニール・テナント(1954年7月10日生まれ)とクリス・ロウ(1959年10月4日生まれ)の2人による、イギリスのテクノ・ポップ・デュオ。虚無的なヴォーカルが不思議な魅力のニールは、音楽雑誌『Smash Hits』の記者、一方のクリスはリヴァプール大学の建築科の学生だった1981年にユニットを結成しています。キングズ・ロードの楽器店で同じキーボードに二人同時に手を出したこがきっかけとなり結成されたとか(ホント?)。奇妙なユニット名は、たまたま二人に共通の友人がいて、その友人がペットショップで働いていたことより決まったらしいです。
 この曲はデビュー曲として当初84年にEPICからリリースされましたが(カップリング曲は「PET SHOP BOYS」というユニット名をタイトルにした曲)、85年にパーロフォンがらリイシューされて(カップリングは「A Man Could Get Arrested」)世界的なヒットとなりました。
 ニール・テナントは自らゲイであることを告白しており、ヴィレッジ・ピープルの「ゴー・ウェスト」をカヴァーするなどしてますが、PSBの「哀しみの天使(It's A Sin)」のPVをデレク・ジャーマンが手がけたのも、この関係でしょう。

 PSBオフィシャル・サイト[http://www.petshopboys.co.uk/]



















テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


Club Classics Vol. 1 10th Anniversary Edition
いまだに再聴に耐えうる名盤のボーナストラック入り。ヤフオクで750円。

BASEMENT TAPES / ニュー・オーダー
デモ/リハーサル集。ヤフオクで710円。音は結構よいです。

EP / ザ・トルバドールズ
期待の新人。デビューEP。5曲入り1000円。

ザ・ベスト・オブ / レディオヘッド
日本盤帯付き2枚組。ヤフオクで2280円。