洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ポイズン・マインド / カルチャー・クラブ

IMG_1385.jpg


 80年代前半の「ブリティッシュ・インヴェイジョン」真っ盛りの時期、全米で10位まであがった曲です。原題は「Church of the Poison Mind」、アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』からのファースト・シングルです。
 この曲がヒットした83年、カルチャー・クラブは「君は完璧さ」(2位)、「タイム」(2位)、「アイル・タンブル・4・ヤ!」(9位)、と合計4曲ものトップ10ヒットを放っています。「君は完璧さ」や、「カーマは気まぐれ」に比べれば目立たない曲かもしれませんが、モータウン調のレトロモダンな感覚をもつ佳曲。私自身はカルチャー・クラブの曲の中では一番好きです。
 パンチの効いたソウルフルなコーラス・ワークを聴かせるのはヘレン・テリー(Helen Terry)。その後はフィル・コリンズのソロ・アルバム『3(ノー・ジャケット・リクワイアド)』にゲスト参加したり、映画『クイックシルヴァー』のサントラでレイ・バーカーJrとヂュエット(「ワン・サニー・デイ」)するなど活躍しています。彼女は86年に『Blue Note』というアルバムをリリースしていますが、プロデューサーは、Was (Not Was) のドン・ウォズです。









 ちなみにこの曲、イントロはスティーヴィー・ワンダーの初期のヒット曲「アップタイト」にソックリです。




カルチャー・クラブのオフィシャル・サイト
http://www.culture-club.co.uk/

ボーイ・ジョージは、男性監禁の罪で禁固1年3月の判決を受けました。
  http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20090118spn00m200016000c.html
  http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-35926120090118
  しかし、このロイターのウェブサイトに掲載されている写真って.....










スポンサーサイト

オリノコ・フロウ / エンヤ
enya.jpg


 大晦日、Perfumeとエンヤを見るため紅白歌合戦を見ました(今年久々に「レコード大賞」見たのもPerfume目当て)。紅白でのエンヤやPerfumeの口パクを批判する意見もあるようですが、かつてジョン・レノンが言ったように「音楽はレコードで聴いて、ステージでは姿を見て欲しい」ってことで。後期のビートルズ同様、彼女らの曲をステージでそのまま再現せよ、というのは酷な話。「リアルタイムで動いてる」姿を楽しむ、ってレベルでしょうし、エンヤの場合はアイルランドの城や自然といった雰囲気を感じるだけで十分だったと思います。それはともかく、紅白でエンヤを見て曲の良さを再認識しましたが、綺麗な人は年齢を重ねても綺麗なんだなぁと思った次第。

 紅白で「20年前」というアナウンスを聴いて、「もうそんなにたったのか」と感慨にふけったのは私だけではないでしょう。この曲がヒットしたのは、確か大学4年生のころ。テレビでPVを見て(確か「!!PM」だったような.....)、その曲と映像の美しさに感動、大学の生協にオーダーしたのですが、品切れでCDが手にはいるまでかなり時間がかかった記憶があります。