洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ビッグ・イン・ジャパン / アルファヴィル

alphaville.jpg


 ドイツの3人組アルファヴィル(Alphaville)のデビュー曲で、本国(西)ドイツでは5週にわたって1位を独走したほか、84年に全英で8位を記録しました。ドイツのエレ・ポップというと、ヒューバート・カーやピーター・シリングが思い出されますが、このアルファヴィルはヨーロッパ的な雰囲気を感じさせる哀愁エレ・ポップです。かつて「BIG IN JAPAN」いうリヴァプールの伝説的なバンドがあり、「BIG IN JAPAN 日本じゃ大物」=「三流」という意味だそうですが、この曲では「big in japan where the eastern seas so blue」という歌詞を読む限り、「ターニング・ジャパニーズ」のような「国辱ソング」とはちがって悪い意味はないようです。
 


 この「ビッグ・イン・ジャパン」が収録されている1stアルバム『フォーエヴァー・ヤング』からは、タイトル・ナンバーの「フォーエヴァー・ヤング」もヒットし、「グロリア」のヒットで知られるローラ・ブラニガン(2004年脳動脈瘤のため死去、47歳)の4枚目のアルバム『ホールド・ミー』(85年)にはカヴァーが収録されています。こちらも哀愁エレポップの名曲と言ってよいでしょう。


 アルファヴィルのメンバーは、マリアン・ゴールド(Vo)、バーナード・ロイド(リズム・トラックのプログラミング)、フランク・マーチンズ(キーボード)の3人。3人ともドイツ人らしからぬ名前.....と思ったらいずれも芸名で、それぞれ、ハルトヴィヒ・シェールバウム(Hartwig Schierbaum)、ベルンハルト・グロースリンク(Bernhard Gößling)、フランク・ゾルガッツ(Frank Sorgatz)というのが本名。

 アルファヴィルは2004年の『CrazyShow』まで計6枚のアルバムをリリースしており、デビュー25周年を迎える現在も、コンスタントに活動しています。

オフィシャル・サイト http://www.alphaville.de/






スポンサーサイト

ジョニー・カム・ホーム / ファイン・ヤング・カニバルズ

FYC.jpg


 2枚のアルバムを残して解散したファイン・ヤング・カニバルズ(Fine Young Cannibals)の、衝撃のデビューシングル(85年)。本国イギリスでは最高位8位を記録しています。特筆すべきはヴォーカルの特異さ。ソウルフルで高低自在、哀感あふれる特徴ある声、さらにVの字に切れ込んだヘアスタイルがインパクト強い独特の風貌....と数え上げればきりがないほど。この曲ではトランペットも印象的です。

 ファイン・ヤング・カニバルズは、デヴィッド・スティール(ギター)、アンディ・コックス(ベース、キーボード)、そしてローランド・ギフト(ヴォーカル)の3人組。デヴィッド・とアンディの2人は、2トーン・ブーム華やかなりしころ「恋のスカ・ダンス」をヒットさせたザ・ビートの元メンバーでした(その他のメンバーは、ジェネラル・パブリックを結成)。

 ファイン・ヤング・カニバルズがデビューした頃のイギリスでは、スタイル・カウンシルやポール・ヤングなどソウル系の音作りが流行していた時期ですが、その中でもこのバンドはひときわ目立っていたように思います。ファーストアルバム『ファイン・ヤング・カニバルズ』はゲスト・ドラマーが参加していますが、2枚目『ザ・ロー・アンド・ザ・クックト』(88年、プロデュースはプリンス・ファミリーのボビーZ)は、打ち込み主体のリズム・トラックに、ソウルフルなヴォーカルとモータウン風の曲調がからむという斬新な音作りがなされています。これがアメリカでも受けて、アメリカでもアルバム・シングル(「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」)ともにNo.1を獲得しました。

 バンド解散後、ローランド・ギフトは俳優業をやっていたようですが、2002年にはソロ・アルバムをリリースしています。

 ローランド・ギフトのオフィシャル・サイト http://www.rolandgift.com/welcome.html