洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ターザン・ボーイ / バルティモラ
IMG_1260.jpg



 イタロ・ディスコ・バンド、バルティモラによるヒット曲で、1986年に全米で13位まであがった曲です。♪オオオオオオオオオオオオ~というイントロのヴォーカルが馴染みやすく、現在でも懐かしく感じる人も多いのではないでしょうか。まさに愛すべき一発屋。日本のウィキペディアの記述がよくまとまっているので、詳細はそちらをどうぞ。日本盤7インチ・シングルに解説の類は一切なく、印刷されてあるのはオリジナルの歌詞と日本語訳だけです。

ウィキペディアの「バルティモラ」の記事



オフィシャル・ヴィデオ


 ヴィジュアル面を考えてフロントマンは口パクにしただけあり、Youtubeにはけっこうな数の動画がアップされていますが、いくつか面白いものがありました。ジミー・マクシェインはダンスがうまい。



笑えるスタジオ・ライヴ。シマウマやトラ、ライオンなどの着ぐるみがバックで大騒ぎ。「シマウマもライオンも、ジャングルじゃねーだろっ!」ってツッコミを入れたくなります。



1985年にドイツの番組Peter' Popshowに出演したときの映像。




上と同じ動画で別ヴォーカル。「Maybe this is actually Jimmy McShane singing himself?? 」というコメントもついてますが、誰かがカラオケヴァージョン使ってヴォーカルを差し替えただけの模様。



スタジオ・ライヴ




ライヴ映像。ここまで口パクやるか、って感じです。








スポンサーサイト

愛のかげり / ボニー・タイラー
IMG_1245.jpg


 そのハスキー・ヴォイスから「女ロッド・スチュワート」の異名をとったボニー・タイラーの全米・全英ともに首位を獲得した大ヒット曲(1983年)。ビルボードの年間チャートでも6位となった大ヒット曲です。原題は「Total Eclipse of the Heart」で、直訳すれば「心の皆既日食」。愛する人を失った悲しみをメロディアスかつダイナミックに歌い上げた名曲といえます。

 ボニー・タイラーは79年にヤマハ音楽祭に出場して「悲しみのオーシャン」でグランプリを獲得し、日本でも人気を得ましたが、その後人気は低迷します。日本での人気をバネに再起をはかろうと81年に「サヨナラTokyo」(作曲は中村裕介~クレジットは中村きんたろう)という曲をリリースしますがこれも不発。83年にそれまでのRCAからCBSに移籍して、ジム・スタインマンをプロデューサーに迎えてアルバム『スピード・オヴ・ナイト』(Faster Than the Speed of Night)を制作、このアルバムから最初のシングル・カットとなったこの曲で、見事シーンに返り咲きました。





  アーティスティックなPVはMTV時代を代表するクリエーター、ラッセル・マルケイ(バグルス「ラジオ・スターの悲劇」やデュラン・デュランの一連のPV、キム・カーンズ「ベティ・デイヴィスの瞳」など)の作品です。
 作詞・作曲はともにジム・スタインマンで、ギターは名手リック・デリンジャー(あまり目立ちませんが)。この曲で印象的なのが、'Turn around' ~'Turnaround bright eyes'というバッキング・ヴォーカルです。私はバック・ヴォーカリストは女性とばかり思いこんでいましたが、84年のグラミー賞を見てて、男性によるものだったと知り、かなり驚きました。グラミー賞でも声を披露したこの男性は、ロリー・ダッド(Rory Dodd)というカナダ生まれのヴォーカリストで、ジム・スタインマンがミート・ローフ人脈で連れてきた人物です。ロリーはビリー・ジョエルの『イノセント・マン』などに参加しています。



1984年のグラミー賞での「愛のかげり」


 彼女はイギリス(ウェールズ)生まれで、この曲も先にイギリスでリリースされました。その後アメリカでもヒットしたわけですが、イギリス盤とアメリカ盤ではB面のカップリング曲が異なります。イギリス盤は「テイク・ミー・バック」(アメリカでは「愛のかげり」の次のシングルA面)ですが、アメリカ盤はブライアン・アダムスの「フロム・ザ・ハート」(Straight from the Heart)のカヴァーです。





The Best Song Of 198X ~ Youtubeより
う~ん、よくできてる。泣けてくる。




























ダウン・アンダー / メン・アット・ワーク
IMG_1238.jpg


 オーストラリア出身の5人組メン・アット・ワークの、「ノックは夜中に」(Who Can It Be Now?)に続く全米No.1ヒットで、1983年の年間チャートでも4位となる大ヒット曲です。




「ダウンアンダー」はイギリスからみて南方に当たるオーストラリアを意味する言葉で、この曲がヒットして以降、一般にも知られるようになりました。
  "He just smiled and gave me a Vegemite sandwich",
という歌詞がありますが、歌詞に出てくる「ベジマイト(Vegemite)」とは、オーストラリアやニュージーランドでパンに塗って食べる黒くて塩辛いペースト状の食物です。高校の英語の教科書に出てくるので、英語の先生が「コレですよ」って見せてくれたんですが、日本人の口にはちょっと合わないと思います。

 1985年には活動を停止しましたが、96年に復活し、2000年のシドニーオリンピックの開会式では彼らによりこの「ダウンアンダー」が歌われ、会場は大いに盛り上がりました。



シドニーオリンピックの開会式


 オージー・ロックを代表するこの「ダウン・アンダー」ですが、2008年に盗作疑惑が持ち上がってしまいました。印象的なフルートのリフが、 1932 年にMarion Sinclair という人物が作った「Kookaburra Sits in the Old Gum Tree」からの盗用であると、この曲を管理していた会社から訴訟を起こされてしまいます。この曲は、子どもたちがキャンプファイヤーのときに歌う曲の定番で、オーストラリアではメジャーな曲だそうです。結局、2010年には裁判で盗用が認められ、印税の一部返還を命じられてしまいました。



Kookaburra Sits In The Old Gum Tree


 それでも2012年のロンドンオリンピックに際してはスポンサーとなったオーストラリアの通信事業者テルストラがこの曲をキャンペーンソングに採用するなど、名曲であることに変わりはありません。


テルストラ(Telstra Corporation)のCM


 「ノックは夜中に」と、この「ダウン・アンダー」の7インチ盤につけられたライナーに共通するのは、どちらもラジオ放送の洋楽番組のDJさんがライターという点。「ノックは夜中に」のライターは、「Miss D.J.リクエスト・パレード」(文化放送)の千倉真理さん。こちらの「ダウン・アンダー」のライターは、「オールジャパン・ポップス20」のシーゲル梶原さん。「Miss D.J.」は聴いた記憶はないんですが、雑誌『ミュージック・ライフ』のクイーンの広告で番組の紹介を見た記憶があります。「オールジャパン・ポップス20」の方は、「全国ポピュラーベストテン」と名前が変更になり、私の地元RKK熊本放送では日曜の深夜というとんでもない時間帯に放送されていました。前日、土曜の深夜はRFラジオ日本で湯川れい子さんの「全米トップ40」~大貫憲章さんの「全英トップ20」を朝4時くらいまで聴いていた身としてはとてもとても、聴ける時間帯ではありませんでした(時々聴いていましたが)。80年代の洋楽ブームは、ラジオが支えていたのだなぁ、と改めて実感。

 ロンドン五輪を間近に控えた2012年4月、サックスとフルートを担当していたグレッグ・ハムがメルボルンの自宅で死んでいるのが発見されるという悲劇を迎えます。「ノックは夜中に」のサックスと「ダウン・アンダー」のフルートはいずれも曲の要。彼がいなかったらメン・アット・ワークの成功はなかったでしょう。