洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジョージ・マイケルよ、安らかに
 2016年は年明け早々のボウイの訃報に始まり、モーリス・ホワイト、プリンス、ピート・バーンズ、レナード・コーエン、ELPのEとP、ジョージ・マーティン....そしてクリスマスにジョージ・マイケルの訃報。まったく驚くしかない。しかもジョージ・マイケルに至っては、私とほとんど変わらない年齢である。自分自身の年齢をイヤでも実感してしまう。

DSCF2923.jpg


 ワム!の「クラブ・トロピカーナ」を聴いたとき、なんて素敵でキャッチーなメロディなんだろうと(内心)舌を巻いた。当時は男性でワム!が好きだと口にしようものなら、かなりバカにされたものである。デュラン・デュランはOKでも、ワム!はダメ....みたいな。スタイル・カウンシルやトンプソン・ツインズらと同様、マクセルのカセットテープのCMにも登場し(後にジョージが日本人をバカにした歌詞に変えて歌っていたことが明らかとなる)、結構人気だった。中にはリフラフという日本人男性4人組バンドが「ウキウキ ウェイク・ミー・アップ」をまんまパクった「東京涙倶楽部」というとんでもない曲もあったほど。



 いくつかトラブルもあったものの、高い歌唱力と優れたソングライターであったことは間違いない。私の好きな彼の曲のベスト3は、
  1位:フェイス(ジョージ・マイケル)
  2位:クラブ・トロピカーナ(ワム!)
  3位:フリーダム(ワム!)
  3位:ケアレス・ウィスパー(ワム!)

ジョージ・マイケル、安らかに。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。