洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ / ポール・ヤング
IMG_1367.jpg


 イギリス出身のシンガー、ポール・ヤングが1985年に放った全米No.1ヒット。オリジナルはダリル・ホール&ジョン・オーツです(80年のアルバム『モダン・ヴォイス』に収録されています)。グニョっとしたフレットレスベースに透明感のあるピアノがからむ印象的なイントロなど、なかなかよいアレンジです。ホール&オーツはこの曲をシングルにはしていないので、選曲のセンスもなかなかのもの。「甘めのブルーアイド・ソウル」のお手本的作品と言えるでしょう。


 
 甘いマスクにソウルフルな歌唱力とも相まってもこの時期のポール・ヤングの人気は凄まじく、84年の「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」や翌85年のライヴ・エイドやなどでは大活躍し、85年5月、86年3月、そして87年4月と3年連続で来日しています。85年の来日時は(今は亡き)東京厚生年金会館止まりであったものの、同年9月に来日したハワード・ジョーンズが武道館公演を行ったことに触発されたのか、86年と87年は武道館で公演するほどの人気者でした。



Do They Know It's Christmas? スタートはポール・ヤング→ボーイ・ジョージ(カルチャー・クラブ)→故ジョージ・マイケル→サイモン・ル・ボン(デュラン・デュラン)というヴォーカルのリレーは、懐かしさを禁じ得ません。



1986年に英チャールズ皇太子が主宰した「プリンセズ・トラスト・コンサート」でジョージ・マイケルとともに「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」を歌うポール・ヤング。ピアノはエルトン・ジョン。



現在でもコンスタントに活動を続けています。
 ポール・ヤングのオフォシャル・サイト [http://paul-young.com/]








スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。