洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


パートタイム・ラバー / スティービー・ワンダー
IMG_1402.jpg


 スティーヴィー・ワンダーの20枚目のアルバム『イン・スクエア・サークル』(1985年)からの先行シングルで、11月2日に全米No.1となりました。
 シュープリームスの「恋はあせらず」で有名なモータウンのリズム(ホール&オーツの「マンイーター」やジャムの「悪意という名の街」など)を使い、ダンサブルであると同時に打ち込みでクール仕上げた曲です。バック・ヴォーカルにルーサー・ヴァンドロスやフィリップ・ベイリーが参加しています。



 この曲は日本でカセットテープのCMに使われました。そのせいか、日本でリリースされた7インチには、2種類のスリーヴが存在します。番号はどちらも同じくVIPX-1820ですが、CMの写真を使用したヴァージョンと、笑顔のスティーヴィーのヴァージョンの2種です。笑顔ヴァージョンには『イン・スクエア・サークル』について「10月21日発売予定」とありますが、CMヴァージョンにはカセットテープの広告が印刷されています。CMの映像が完成した後、変更されたのかもしれません。


TDKカセットテープのCM


カセットテープCMの完全版




スポンサーサイト

Oh, シーラ / レディ・フォー・ザ・ワールド
 ミシガン州フリント出身の6人組、レディ・フォー・ザ・ワールドが1985年に放った全米No.1ヒット。ダイアー・ストレイツの「マネー・フォー・ナッシング」から1位の座を奪い、10月12日にトップに立っています。年間チャートでは31位。ちなみに1位を譲ったのは、A-Haの「テイク・オン・ミー」でした。 http://www.billboard.com/archive/charts/1985/hot-100

IMG_1399.jpg


 ファンク/ソウル系のエレ・ポップで、プリンス直系の音作りです。タイムなどのいわゆるミネアポリス・サウンド。リーダーのメルヴィン・ライリーのヴォーカルをはじめ、シンセドラム、キーボードなどもプリンスそっくりで、バックのリズムはプリンスの「レディ・キャブ・ドライバー」そのまま。おまけにタイトルが「Oh, シーラ」で、当時プリンスのパートナーだったシーラ・Eのことを歌っているという話もありました。





 この曲に続いて『Ready For The World』からカットされた「Digital Display」は21位までしか上がりませんでしたが、86年には「Love You Down」を全米9位に送り込んでいます。1991年に1度解散し、メルヴィン・ライリーはソロ活動を行っていましたが、2004年に再結成し、現在も活動しています。ただ、ツイッターも更新が止まり、公式サイトも削除されています。
 RFTWのツイッター https://twitter.com/rftwmusic


「ソウル・トレイン」でのレディ・フォー・ザ・ワールド


 オランダのユニット、エンジェル・シティがイギリスの女性シンガーLara McAllenとともに「Love Me Right」というタイトルでカヴァーしました。


Angel City - Love Me Right



見つめていたい / ポリス
IMG_1397.jpg


 原題は「Every Breath You Take」(あなたの呼吸すべて)。ザ・ポリスの5枚目にしてラストのアルバム『シンクロニシティー』からの先行シングルで、1983年7月9日から8月27まで8週連続で全米No,1となり、年間チャートでも1位を獲得した曲です。ちなみにこの曲が1位を奪ったのはアイリーン・キャラの「フラッシュ・ダンスのテーマ」で、1位を譲ったのはユーリズミックスの「スウィート・ドリームス」でした。
  http://www.billboard.com/archive/charts/1983/hot-100

 1984年のグラミー賞で「レコード・オブ・ザ・イヤー」はマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」に譲ったものの、「ソング・オブ・ザ・イヤー」を獲得しています。この曲のヒットで、ポリスは同年のグラミーでは最優秀ポップ・デュオ/グループ(ヴォーカル入り)も獲得しました。また、『ローリング・ストーン』誌で「史上最も偉大な500曲」(2004年)で83位、『ビルボード』の「Greatest of All Time Hot 100 Singles」では29位にランクされています。
http://www.billboard.com/charts/greatest-hot-100-singles

 ゴドレイ&クレームが制作したPVも、モノクロで美的センスあふれた作品に仕上がっており、彼ら自身による「クライ」(85年)と並ぶG&Cの代表作と言っていいでしょう。




 流麗なメロディーに耳が行ってしまいますが、、歌詞の内容は別れた女性に対するストーカー的心理を歌った不気味な曲です。take・make・breakや、day・say・play・stayと韻を踏んでいる歌詞で、強い執着心がいっそう強調されているようにも感じます。なおスティングのソロ・アルバム『ブルー・タートルの夢』に収められている「セット・ゼム・フリー(If You Love Somebody, Set Them Free)」は、この曲のアンサー・ソングだとされています。ちなみにこの「見つめていたい」は、「至上最も稼いだ曲」で第8位にランクされており、スティングはこの1曲だけで、今でも1日2千ドル(年間73万ドル)の収入があるとのこと。 

  http://www.therichest.com/rich-list/the-biggest/12-highest-earning-songs-of-all-time/


 この曲が収録されているアルバム『シンクロニシティ』(プロデューサーはヒュー・パジャム)からは、「見つめていたい」以外にも「キング・オブ・ペイン」(全米3位)、「シンクロニシティⅡ」(全米16位)、「ラップト・アラウンド・ユア・フィンガー」 (全米8位)のヒットが生まれています。このアルバムを最後にポリスは解散するので、私の中では「絶頂期に解散したバンド」のイメージです。

 私が一番好きな曲は「キング・オブ・ペイン」です。ヒュー・パジャムが得意な暗めの音づくりの巧さが際だつ曲ですが、日本ではシングル・カットされていません。「キング・オブ・ペイン」の素晴らしいボカロ(巡音ルカ)がニコ動にあります。神です。