洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パートタイム・ラバー / スティービー・ワンダー
IMG_1402.jpg


 スティーヴィー・ワンダーの20枚目のアルバム『イン・スクエア・サークル』(1985年)からの先行シングルで、11月2日に全米No.1となりました。
 シュープリームスの「恋はあせらず」で有名なモータウンのリズム(ホール&オーツの「マンイーター」やジャムの「悪意という名の街」など)を使い、ダンサブルであると同時に打ち込みでクール仕上げた曲です。バック・ヴォーカルにルーサー・ヴァンドロスやフィリップ・ベイリーが参加しています。



 この曲は日本でカセットテープのCMに使われました。そのせいか、日本でリリースされた7インチには、2種類のスリーヴが存在します。番号はどちらも同じくVIPX-1820ですが、CMの写真を使用したヴァージョンと、笑顔のスティーヴィーのヴァージョンの2種です。笑顔ヴァージョンには『イン・スクエア・サークル』について「10月21日発売予定」とありますが、CMヴァージョンにはカセットテープの広告が印刷されています。CMの映像が完成した後、変更されたのかもしれません。


TDKカセットテープのCM


カセットテープCMの完全版




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。