洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セント・エルモス・ファイアー / ジョン・パー
DSCF2998.jpg


 イギリス出身のシンガー、ジョン・パーによる1985年の全米No.1ヒット。9月に2週連続の1位を記録しています。ジョン・パーは同じく85年に「ノーティ・ノーティ」が全米23位となっています。タイトルの「セント・エルモの火」とは、悪天候時などに船のマストの先端が発光する現象で、セント・エルモ(聖エルモ、エラスムス)は船乗りの守護聖人。



 この曲は、ジョエル・シュマッカー監督による同名映画の主題歌としてヒットしましたが(PVのラストでは、ジョン・パーが出演者と談笑するシーンもあるものの)、映画のためにつくられた曲ではなく、カナダ出身のパラリンピアン、リック・ハンセンのために書かれた曲です。曲のイメージが映画にあっていたため、映画のタイトルになったことから、翌86年のアカデミー賞歌曲賞にノミネートされたものの、映画のために書かれたもの曲ではないという理由で受賞できませんでした。

 リック・ハンセンは15歳の時で脊髄損傷のため車いす生活となり、以後車いすマラソンのアスリートとして活躍した選手。1985年から2年をかけて、脊髄損傷研究基金設立の寄付を募るため車いすでの世界一周を敢行し、その旅が「Man in Motion Tour」という名称でした。この「Man in Motion」が曲のサブタイトルなっています。彼は日本でも、札幌から東京まで車いすで走ったそうで、彼のエピソードは、子ども向けの本にもなっています。ジョン・パーの公式サイトには「30th Anniversary - Rick Hansen Returns From Man In Motion Tour」という記事が掲載されています。

 作曲とプロデュースは、名手デヴィッド・フォスター。バックはフォスターをはじめ、デヴッド・ペイチ、スティーヴ・ポカロ、スティーヴ・ルカサーといったTOTOのメンバーが固めていますが、バック・ヴォーカルにはリチャード・ペイジが参加しています。彼は「セント・エルモス・ファイアー」が1位となった9月から3ヶ月後の12月、Mr.ミスターを率いて「ブロウクン・ウィングス」を大ヒットさせることになります。

 「ノーテイ・ノーティ」がヒットしたとき、「かつてジョン・パーは記憶喪失だった」というインフォメーションが広く流れていました。日本盤シングルには「過去の記憶を失った男が放つ、入魂のデビュー・シングル!」と印刷されていたほどです。当時、「記憶を失って保護されたとき、自分の歌を録音したデモテープを持っていたが、それがあまりに素晴らしかったためデビューした」とか「保護した人がたまたま音楽関係者で、の車の中で歌ったのを耳にして惚れ込んだ、」というエピソードが流れていました。真偽は定かではありません。

Naughty Naughty


 現在でも元気に活動中のようで、公式サイト(http://www.johnparr.net/)には、今年の秋にフォリナー結成40周年記念UKツアーへ同行することが告知されています。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。