洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


レッツ・ゴー・クレイジー / プリンス & ザ・レヴォリューション
letsgocrazy.jpg


 『パープル・レイン』からの第2弾シングルで、第1弾の「ビートに抱かれて」に続いて2曲連続でNo.1を獲得、プリンスのスーパースターとしての地位を確立した曲です。これまでプリンスの作品にはあまり見られなかったストレートなロックンロールで、イントロのナレーションから徐々に盛り上がる構成、中間部のギターソロ、ウェンディ&リサのセクシーなコーラス、とソリッドでハードな曲調なのに計算され尽くしているという名曲。


 映画『パープル・レイン』でプリンスの相手役を務めたアポロニアことアポロニア・コテロ(Apollonia Kotero)が中心としたユニット、アポロニア6の「セックス・シューター」(Sex Shooter)です。もともとの相手役ヴァニティがプリンスと袂を分かっため、抜擢されたのがアポロニア。アポロニア以外の2人は、たぶんヴァニティ6と同じです。ちなみにこの曲は、ラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞:毎年アカデミー賞の行方で盛り上がっている前夜、ハリウッドのルーズヴェルト・ホテルで開催される、その年最低の映画を決めるという冗談半分に設定された映画賞)でワーストオリジナル曲にノミネートされ、アポロニア自身はワースト新人賞にノミネートされました(いずれも落選)。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いや~。懐かしいです。アポロニアのコルセットも見れて~(私は女ですが)世界的なロリ傾向になれてしまったいるので、アポロニアのような熟女系の人がヒロインをやっているのを見ると、「時は流れた~」と思います。
映画の中のクラブのシーンに、確か「ミアボカ」でデビューしたジル・ジョーンズがウエイトレス役で出てましたよね?馬鹿っぽくて可愛いかったな~。(女ですが)
【2006/10/06 16:43】 URL | curious mama #-[ 編集]


では、アポロニアのレオタード姿も堪能していただきましょう。冒頭の「ラジカセ」がなんとも80年代。当時はこのPVにもドキドキしたもんですよ(笑)ジル・ジョーンズが出てたのは気づきませんでした。1回みたきりです。
【2006/10/07 05:10】 URL | zep #-[ 編集]

堕ちたようで
プリンスの人気も落ちるようで実際には結構、まだまだ人気があるようですね。

やはり個人的には1980年代のプリンスが個人的にも気に入ってます。この時期は彼の音楽を聴いていたので。
【2006/10/09 23:32】 URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]


僕も80年代かなぁ。ちゃんと買っていたのは、『ダイヤモンド&パールズ』まで。今でも人気があるのは、たぶん80年代の曲だと思いますね。『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』の「アメリカ」12インチ・ロング・ヴァージョンは、CD化されたらかなり売れると思いますが。『アルティメイト・ベスト』には、この曲のシングル・エディットははいっていないようですね。
【2006/10/14 21:49】 URL | zep #-[ 編集]

はじめまして
かなり好きな1枚なので、トラックバックさせていただきました。
【2006/10/21 13:45】 URL | geith #mQop/nM.[ 編集]


ちょっとうまくいかなかったようですね。URLをつけていただければ、こちらからもTBさせていただきます。
【2006/10/21 20:26】 URL | zep #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/107-b149524f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)