洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ベティ・デイビスの瞳
kim.jpg


 81年の全米で9週間にわたりナショナル・チャートの1位を独走し、同年の最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞を受賞した曲です。原題は「Bette Davis Eyes」。往年の名女優、ベティ・デイビス をテーマにした曲で、1975年にはこの曲をつくったジャッキー・デシャノンが自ら歌いましたが全く売れず、81年にキム・カーンズが歌って、大ヒットを記録しました。哀愁ある曲調と彼女のハスキーな声がレトロっぽさを感じさせる一方、エレクトロニクスを多用したモダンなフレイバーをも持った味わい深い名曲です。MTVの成功も、大ヒットに大きく貢献しました。
 キム・カーンズ(Kim Carnes、1945年7月20日ロサンゼルス生まれ)は、16歳から女友達とデュオを組んで活動を開始し、高校卒業後すぐにプロを目指して活動を開始、66年にはニュー・クリスティ・ミンストレルズというフォーク・グループに参加しています。72年にソロとなり、エイモス~A&M~EMIアメリカとレコード会社を変え、80年にケニー・ロジャースとのデュエット曲「荒野に消えた愛(DON'T FALL IN LOVE WITH A DREAMER)」が4位、「More Love」が10位まで上がるヒットとなり注目されました。90年代には目立った活動がありませんでしたが、2004年には久々のアルバムをリリース、現在もコンスタントに活動中です。オフィシャル・サイトはこちら[http://www.kimcarnes.com/]。






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/121-068b1597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)