洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニューヨーク・シティ・セレナーデ / クリストファー・クロス
arther.jpg


 ダドリー・ムーアとライザ・ミネリが主演したラブ・コメディ映画『ミスター・アーサー』の主題歌で、原題は「ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)」。歌詞に出てくる♪If you get caught between the Moon and New York City. ......The best that you can do is fall in love (「もしあなたが月とニューヨークとの間で身動きがとれなくなったら、あなたができる最善のことは恋に落ちること」)からとった邦題でしょうけど、曲調と映画の内容に合った、覚えやすいタイトルです。「アーサーのテーマ」よりはずっといい。81年に全米チャートで3週連続No.1を獲得し、翌82年には、アカデミー賞の最優秀主題歌賞も獲得しました。映画のサントラを担当したバート・バカラックが直々に、クロスに曲作りと歌うことを依頼し、バカラック、クロス、キャロル・ベイヤー・セイガー、ピーター・アレンと共作してできあがったのが、この名曲です。クロスの透明感あふれる伸びやかな声と、ロマンティックで親しみやすいメロディーとが巧くマッチしています。
 クリストファー・クロスは、80年にアルバム『南から来た男』でデビューしたシンガー・ソング・ライター。そのルックスが今ひとつゆえ、デビュー当初ワーナーは、彼の写真の代わりにトレードマークのフラミンゴのイラストを使ったプロモーションを行ったという話は有名。バック・ヴォーカルに当時ドゥービー・ブラザースのマイケル・マクドナルドが参加した「風立ちぬ」が4週連続2位(『キャッシュ・ボックス』では1位になったはず。『ビルボード』ではブロンディの「コール・ミー」に1位の座を阻まれた。)、第2弾シングル「セイリング」が1位、アルバムは6位(2年間にわたってランクシンした)という大ヒットを記録しました。翌年のグラミー賞では、新人賞、楽曲賞など5部門を独占という活躍ぶりでした。現在も元気に活躍中で、数年前に来日して土曜の午後に民放FMにナマ出演していました。あのクリアー・ヴォイスが今なお健在なのは素晴らしいことです。

 「風立ちぬ」のエンディングでの「かけ声」に、エコーがかったヴァージョンとかかっていないヴァージョンがあると思うんですが、どなたか詳細をご存じの方、情報をいただければ幸いです。私が聴いた限り、現在は「エコー無しヴァージョン」がほとんどだと思います。

ダドリー・ムーアとのライヴ映像[http://www.youtube.com/watch?v=0FntY5VFs_I]
オフィシャル・サイト [http://www.christophercross.com/]








スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/132-94bb0930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。