洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フラッシュダンス / アイリーン・キャラ

flashdance.jpg



 マイケル・センベロの「マニアック」を紹介しておきながら、この曲を紹介するのを忘れておりました。不覚。

 当時(この曲がヒットしたのは1983年)この曲を知らなかった人はいない、というくらいのヒット曲。全米だけでなく世界中でヒットし、日本のオリコンでも1位になりました。アカデミー賞では、主題歌賞を受賞しています。1984年には、アップルコンピュータのCMに、この曲の別ヴァージョンが使用されました。
 日本では社会現象にまでなった掘ちえみ主演の人気テレビドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系)のテーマ曲として、この曲の日本語カヴァー(歌ったのは麻倉未稀)が使われ、ヒットしました。この曲を聴くと、ジェニファー・ビールズのレオタード&だぶだぶ長靴下姿よりも、「ドジでノロマな亀」を先に思い出すのは私だけでしょうか?








「フラッシュダンス」~「マニアック」連続ヴァージョン




アップルコンピュータ社CM


スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
お久しぶりです!
1年ほど前に時々コメントをしておりました。
転職~引っ越しなどのため、こちらのサイトのURLがわからなくなり訪問できずにおりましたが久しぶりに訪れることができました。
この曲はちょうど私が高校を卒業した翌年、初の女性とのデートで観た映画の主題曲でした。
なつかしすぎます^^
【2008/03/30 03:41】 URL | のっち #3ofygqbY[ 編集]


のっちさん、お久しぶりです。公私ともにお忙しかったようですね。少し落ち着かれたのでしょうか?この曲が流行った頃、僕は確か高校2年生だったと思います。80年代を代表する曲の一つですよね。
【2008/03/31 11:07】 URL | zep #-[ 編集]


はじめまして・・・(=^・^=)
ちょっと、メンズ・ウィズアウト・ハッツを調べてみようと思っていたら何故か辿りつきました(笑)。
それにしても・・・、
圧倒されてしまいました!
よくぞまあ、これだけ資料を集められるものだなあ・・・と。
さすがにEP盤のジャケットをここまで展示してあるのは、ここだけなのではないかなあ・・・と。
同世代には涙モノ・・・。
ワタクシも曲の紹介だけはまれに書いていたりしますが、御ブログのような本格的なものではなく・・・。
いやあ、参りました・・・。
ちなみに、ホワット・ア・フィーリングは、30cmシングルのロング・ヴァージョンがあり、これは今でも当家に存在します。
今後も時々見に来ます!
【2008/04/24 17:33】 URL | だるま猫 #-[ 編集]


おほめのコメントをいただき恐縮です。書いてある内容のほとんどは実はライナーからの引き写しなんで、あまりたいしたものではないのです(笑)。
高校生時代は、けっこう7インチを買ってましたが、12インチも面白かったですね。CD化されてないヴァージョンもけっっこうありますが、以外にCD化されている曲もあって油断がなりません。イントロがムチャクチャかっこいいスレイドの「ラン・ラナウェイ」の12インチヴァージョンがCDで聴きたい!
【2008/04/25 21:55】 URL | zep #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/156-202d55f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。