洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファミリー・マン / ダリル・ホールとジョン・オーツ

familyman.jpg



 全米チャートで4週間トップの座を守ったホール&オーツの代表作『H2O』(82年、翌1983年1月15日付から4月16日、15週連続全米3位、同年年間第4位)から、「マンイーター」(1位)、「ワン・オン・ワン」(7位)に続く3枚目のシングルで、83年に6位まで上がったヒット曲。マイク・オールドフィールドのカヴァーです(アルバム『ファイブ・マイルズ・アウト』のB面のオープニング)。オリジナルはマギー・ライリーのヴォーカルが際だつ、独特のフワフワした浮遊感を持つファンタジックな曲でしたが、このカヴァーはちょっとハードな感じに仕上がっています。隠し味のヴォコーダーが効果的。







 この年にリリースされたベスト盤『フロム・A・トゥ・ONE』をはじめ、収録されていないベスト盤が多いのは、カヴァー曲だからでしょうか?『H2O』の現行盤には、「ファミリー・マン」の12インチ・ロング・ヴァージョンが収録されています。

ホール&オーツのオフィシャル・サイト[http://www.hallandoates.com/]


スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/164-7f27f767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。