洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


チャリオッツ・オブ・ファイアー / ヴァンゲリス

vangelis.jpg



 映画『炎のランナー』(1981年、イギリス)のサウンドトラックで、メインテーマとして使用された曲。シンセサイザーによるインスト曲ながら、7週連続でトップの座を守っていたジョーン・ジェット&ザ・ブラック・ハーツの「アイ・ラヴ・ロックンロール」に代わってNo.1となりました(1982年5月8日付の『ビルボード』)。しかし翌週には、これまた7週連続No.1の「エボニー・アンド・アイボリー」(ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー)にトップの座を奪われるという不運なナンバーでもあります。今でも時々テレビ番組のBGMやスポーツイベントなどで使用されるので、耳にしたことがある人も多いでしょう。

 演奏しているのは、ギリシア出身のシンセサイザー奏者であるヴァンゲリス・パパサナシュー。日本の映画『南極物語』や、リドリー・スコット監督の映画『ブレードランナー』などのサントラを手がけたことで有名です。ヴァンゲリスについては、Wikipediaの記事を参照してください。





スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/166-944097d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)