洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ドライヴィング・サタディ・ナイト / キーン

keane.jpg


 キーン(KEANE)というと、最近ではイギリスの3人組を思い浮かべる人がほとんだと思いますが、私はこちらのキーン・ブラザースを真っ先に頭に浮かびます。

 この「ドライヴィング・サタディ・ナイト」(原題は「Tryin' To Kill A Sataturday Night」)は、1981にリリースされた曲で、当時カセットテープのCMにも使用されました。イントロのピアノが印象的で、キャッチーなメロディと凝ったアレンジ、爽やかなコーラスワークが魅力の、隠れた名曲です。当時、TOTOがよく引き合いに出されていましたが(確かにアルバム全体の雰囲気は似ている)、この曲に限って言えば、TOTOよりも若々しいエネルギーが感じられます。

 キーンは、トム(キーボード)とジョン(ドラム)のキーン兄弟を中心とした4人組。他のメンバーは、ベースのマイク・ミルウッドと、ギターのマーク・モウリン。この曲が収められたアルバム『KEANE(邦題は『ドライヴィング・サタディ・ナイト』)』がリリースされたとき、トムが17歳、ジョンが16歳というからオドロキです。プロデュースはトム。実はこのキーン兄弟、この作品がリリースされる前、 1976年と1979年にキーン・ブラザースの名義で2枚のアルバムをリリースしているようですが、そのプロデューサーとしてクレジットされているのがなんとデヴィッド・フォスター。その後兄弟は、4人組キーンを結成し、2枚のアルバムをリリースしています。82年にリリースされた2ndアルバム『Today,Tomorrow And Tonight』もCD化されています。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ご無沙汰しております
ご無沙汰しております。
早速ですが、
8/1より2年ぶりに【8089人気投票】を
開催します。
ぜひご参加下さいませ♪
【2008/07/11 09:43】 URL | よしくん #mQop/nM.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/170-007231ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)