洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナイト・イン・ニューヨーク / エルボウ・ボーンズ&ザ・ラケッティアーズ
エルボウ・ボーン


 1983年にリリースされたエルボウ・ボーンズ&ザ・ラケッティアーズ(Elbow Bones & The Racketeers)のアルバム『NEW YORK AT DAWN』のオープニング・ナンバー。粋なビッグ・バンド・スタイルのホーンに甘いヴォーカルが実に素敵な、華麗でノスタルジックな好ナンバー。このプロモーション・ヴィデオはドラマ仕立てになっていて、素晴らしい作品です。まさに気分は「Take Me For A Night In New York」。

 甘く艶やかなヴォーカルを聴かせるのは、ステファニー・フラー(Stephanie Fuller)。キッド・クレオール&ザ・ココナッツの『Wise Guy』に参加していた女性です。




 バンド・リーダーであるエルボウ・ボーンズという奇妙な名前の人物について、日本盤ライナーには「20年代を代表するロシア生まれのユダヤ人エンターティナー、アル・ジョルスンに憧れ」「大学で心理学を学ぶ」「卒業後ニューヨークのスタジオでエンジニアとして働く」というエピソードが紹介されています。アルバムの裏ジャケにはメンバーの写真も載っていますが、どうもこのバンドは架空のバンドで、キッド・クレオールことオーガスタ・ダーネルによる変名プロジェクトだったようです。

 うれしいことにアルバムがCD化されていますが、オープニング・ナンバーとして収録されているこの曲は残念ながら12インチヴァージョンではありません。12インチは、「何か始まりそう」な胸の高鳴りって感じのイントロのドラムがいい感じなんですけどね。いまYoutubeで見ることができるPVはいちばん最初の女性が男性に平手打ちをお見舞いするシーンがない....Hot Shot RecordsのPVでもカットされてます。
 ところで 田中美奈子という人の「秘密の夜にして」って曲ですが、作詞作曲のクレジットが「ナイト・イン・ニューヨーク」と同じ D. Clarkin-&R. Rogers になっています。もしかしてカヴァーでしょうか?

 はてなキーワードでは、キッド・クレオールの項目に「、「詐欺師くさいヴォーカル + 色っぽい姉御達 + ホーン隊 + ヘンなオジサン」というバンド形態は~米々CLUBが完パク(憧れゆえ、らしい…)。」とあります。 Racketeerとは「詐欺師」という意味ですね。

IMG_1235.jpg


 2012年にアメリカのHot Shot Recordsというレーベルが再発したエディションは、「ナイト・イン・ニューヨ-ク」のシングル・ヴァージョンと12インチ・ヴァージョンの2曲を含む計6曲のボーナス・トラックが収録されています。これはすばらしい。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/181-f497341d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。