洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE DUST OF TIME / エマーソン、レイク&パーマー
74年8月のNY公演(シャーロッテ・モーター・スピードウェイ)を収録した2枚組で、リリース元はハイランド。ヤフオクで1200円で落札。スタートは200円で、同じ人が同じくハイランドの『GREAT GATES OF NUERUNBERG』というアイテムも出品なさっていたので、そちらにも1200円まで入れておいたものの、そっちは1300円で取り逃がしてしまった。
ジャケ的にはタルカスとマンティコアが戦っている『ニュルンベルク』に惹かれたのだが。ハイランドは『HISTRICAL AT AN EXHIBITION』(92年のアルゼンチン公演を収録)という極めて高音質・好内容のアイテムを買って以来信頼しているレーベル。収録曲は以下の通り。

 DISC 1
1. Jerusalem
2. Toccata
3. Tarkus
4. Take A Pebble
5. Still....You Turn Me On
6. Lucky Man
7. Piano Improvisation
8. Take A Pebble

DISC 2
1. Karn Evil 9
2. Pictures At An Exhibition

 音質の方はそれなりであるものの、演奏はかなりよい。時期的にはカリフォルニア・ジャムのあとであるが、74年と言えば『レディース&ジェントルメン』『ゼン&ナウ』『キング・ビスケット』等オフィシャルでも多くのライヴ音源がリリースされていることから分かるとおり、彼らの絶頂期である。「タルカス」でのエマーソンの凄まじいプレイ、オフィシャルではまだ未発表の「メイプル・リーフ・ラグ」を含んだ「ピアノ・インプロヴィゼイション」、この時期の定番である「悪の教典9」~「展覧会の絵」の大作2連発等聞き物は多い。惜しむらくは、超ハイテンションの「タルカス」が最後まで収録されていないことと(それでも30分は収録されているのだが)、(多分演奏されたと思われる)「ホウダウン」が未収録になっていることである。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/196-7028d52a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。