洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


BIGGER GIANTS / ボルショイ
ボルショイの1stである。厳密にはミニアルバムにシングルをコンパイルしたもの。2ndと3rdは日本でも発売され、今では二束三文なのだが、これだけ長らく廃盤でレア盤となっていた。ちょうどアナログからCDへの移行期で、オリジナルのリリースからCD化まで時間が開いてしまったのが原因だろう。
 というワケで、今年の1月にはebayで£12まで上がっていたので、ebayで19.99ドルで購入した(総支払い26.99ドル)。ところが、ベガーズ・バンケットのオフィシャル・サイトでは£5.5で売られていることが判明。送料は£2だって。ホントは約半分の出費ですんだわけで、大失敗。ジャケットにはご丁寧に「SPECIAL LOW PRICE」って書いてある。
 今聴いてみると、これが結構格好いい。昔々は、例の雑誌(Fで始まるヤツ)に「バウハウスやキリング・ジョークの後継者」みたいなことが書いてあったので張り切って購入したところ、聴いてビックリ全然違う!という期待はずれバンドだったんですけどね。「Sunday Morning」「Books On The Bonfire」等12インチ2枚組なんかも買った記憶がある。でも一番好きなのは『フレンズ』(コロムビアから日本盤もでていた)のオープニング、「Away」。ギターが流麗な感じで良かった。エッジを効かせたギターに、少し暗めの冷たい雰囲気のヴォーカルと曲調、隠し味に叙情的なピアノも入れてみましたってトコロは、まさにニューウェーヴって感じですな。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/197-0f5f0a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)