洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユー・スピン・ミー・ラウンド / デッド・オア・アライヴ
doa01.jpg


 デッド・オア・アライヴが一気にブレイクしたディスコ・ヒット・ナンバー。2ndアルバム『ユースクウェイク』(84年)からの第1弾シングルで、85年に全英No.1、全米でも11位を記録しました。
 リーダーのピート・バーンズは、リヴァプールの出身で同市出身のピート・ワイリー(のちWah!を結成)、ジュリアン・コープ(のちティアドロップ・エクスプローズを結成)、フィル・ハーストらとミステリー・ガールズというグループを結成し、このグループ解散後にピートが結成したナイトメア・イン・ワックスがデッド・オア・アライヴの前身です。
 当初のデッド・オア・アライヴはゴス的なイメージを持ったネオ・サイケ・バンドでしたが、メジャーデビューを機にイメチェン、84年にはKC&ザ・サンシャイン・バンドのカヴァー「ザッツ・ザ・ウェイ」がヒットします。そしてストック・エイトキン&ウォーターマンが手がけた『ユースクウェイク』で大ブレイクし、この曲が日・英・米で大ヒットしました。B面の「MISTY CIRCLES」のミックスは、ピート・ワイリーの「SINFUL!」を手がけたゼウス・B・ヘルド(彼は故コニー・プランクの弟子だった)が行っています。このシングルの日本盤(07・5P-365)は、見開きジャケットにピート・バーンズが飛び出す仕掛けがついていたり、クイズがついていたりと完全にミーハー仕様。
DSCF0284.jpg

 このクイズは、以下の8問。1.ピート・バーンズは男でしょうか?女でしょうか?、2.ピート・バーンズは、ボーイ・ジョージもマリリンももっていないものがあります。それは何でしょう?、3.ピート・バーンズは、イギリスの何という町に住んでいるでしょうか、4.ピート・バーンズはいつも鼻にピアスをしていますが、何でできたピアスをしているでしょう。5.ピート・バーンズがはじめてメイク・アップをしたのは何歳の時からでしょう。6.ピート・バーンズが最も嫌っている自分のレコードは? 7.ピート・バーンズは体に刺青をしていますが、さて何のデザイン? 8.デッド・オア・アライヴは何人組?

 もともとちょっと変態気味だったピート・バーンズですが、オフォシャル・サイトの写真をみると、もうやめてくれという感じです。

 私が持っているコンピレーション『ポップ・アップ80'S』や『ヒット・ヒーローズ70's~80's』等では、このシングル・ヴァージョンとは違って"rock it, rock it"というかけ声で始まります。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/30-1e2e005d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。