洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


クラシックス / ピーター・フランプトン
ヤフオクで800円。日本盤でオビ付き....なんだけど、AmazonUSのマーケット・プレイスでは出品されているアイテムは軒並み0.1ドルで売られている(>_<)。先日授業でボウイの「グラス・スパイダー・ツアー」を見せたんだけど、サポートがこのピーター・フランプトンだった。このツアーでの彼はあまり評判がよろしくなかった(スタイルが合っていない)のだけれど、カルロス・アロマーとのギター・バトルはなかなかよかったです。
 ピーター・フランプトンが『カムズ・アライヴ』をリリースしたのは、僕が小学4~5年生のころだったと思う。当時買っていた雑誌『ラジオの製作』で彼の記事を読んだ記憶があるから。セックス・ピストルズがデビューしたころと同じではなかったろうか。「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」でのトーキング・モジュレーター、小学生だった私は「いったいこれは何の音だろう?」ととても疑問に感じたものです。同じころ、「ソウル・ドラキュラ」でシンセサイザーの音を聴いたときと同じくらいの衝撃だったなぁ(笑)。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/340-2b1fbe81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)