洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ロックバルーンは99 / NENA
nena.jpg

 紅一点ネーナ・ケルナーを中心とするドイツ出身の5人組、NENAのヒット曲。ドイツ語で歌われている曲としては珍しく、84年に全米2位まで上がりました。徐々に盛り上がってくる魅力的なイントロ、ジャーマン・ロックにしては珍しいポップな曲調、そして何と言ってもネーナのキュートな魅力で日本でも大ヒットしました。なおこの曲には「99 Red Balloons」というタイトルの英語ヴァージョンもあります。86に解散しますがアメリカでヒットしたのはこの1曲のみで、アメリカではまさに一発屋でした。『100HITS 80s』というコンピには、英語ヴァージョンが収録されています。

 ネーナ・ケルナー嬢は1960年生まれで、今年46歳になりますが現在もソロで元気に活躍中。確か子どもが4~5人(うち双子も1組いたはず)いるはずですが、精力的にコンサートなどもやっているようです。オフィシャル・サイトはこちら。もちろんドイツ語です。

〈ドイツ語ヴァージョンのPV:You Tubeより〉


〈英語ヴァージョンのPV:You Tubeより〉



 歌詞はこちら(英語・ドイツ語両方ともあり)


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ヴァージョン違い
この曲にはシングル・ヴァージョンにも2種あるようです。違いはエンディングで、コンピレーション『POP-UP 80's』収録のヴァージョンは、ライヴみたいな感じで大勢の合唱がはいりますが、『We are the '80s』収録のヴァージョンには、それがありません。時間はディスク表記で前者が3:51、後者が3:52です。
【2006/02/19 11:44】 URL | zep #-[ 編集]


初めまして。 ちょうどウチのブログのタイトルに「ロックバルーンは99」と冗談でタイトルを付けて、でもこんなの最近の子達には通じないだろうな~、とか思いつつ、何気にネットでサーチしてみたら、ここにブチ当たりました。(笑)

しかも、僕も80年代洋楽は、かなりはまってたほうですが、ここはリストも内容も凄いですね~。(笑) しかも「ノーランズ」を見つけて、どっひゃ~、でした!! もう20年以上、記憶の中で忘れ去られてた名前ですが、そうそう、あったあった~、って感じです。

ところで、僕は今 NY 在住なんですが、今こっちのアンダーグラウンド系のクラブやバーだと、まさしく80’sの曲盛りなんですよね。 それも DJ も客も、ちょうど80年代産まれの子達がほとんどなんだけど、もう A-ha なんて「定番」ですから、アレがかかると大合唱になっちゃいます。 自分的には「一体、今オレ、何年代を生きてるんだ?」って感じです。(笑) 最近は連中、TOTO なんかもかけはじめて、結構どっひゃ~、です。

でも10年後くらいには90’sのヒットが主流になるんでしょうね~。 あんまり考えたくないけど。。。 では失礼しました。
【2007/02/11 06:38】 URL | naosuper #2IyhJcp6[ 編集]


はじめまして。おお、NY在住ですか。素敵ですね。でも80年代の曲が結構流れるというのは、かなり驚きです。私などは「80年代に高校生」ですから、その中心は私らより一つ下の世代、ということですか。う~む。なんとなく感慨深いものがありますが(笑)、ぜひ一度、本場NYでそのような体験をしてみたいものです。今度ブログをゆっくり拝読させていただきます。
【2007/02/13 20:57】 URL | zep #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/39-9fb17020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)