洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


愛という名の欲望 / クイーン
queen.jpg


 原題は「CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE」で、邦題はひねりすぎて失敗してしまったという感じです。『ザ・ゲーム』(80年)からの1stシングルで、クイーン初の全米No.1ヒット。女性のファンが多かったせいか、はたまた日本での人気が先行したせいか、それまでは結構ミーハーなイメージがあったクイーンですが、この曲が全米No.1となったことで、その地位を確固たるものにしたような気がします。数年前、テレビドラマでフレディ・マーキュリーのソロ・シングル「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」が主題歌に使われたことから、日本の若いファンニも知られるようになりました。(私が勤務する高校の体育祭で「ウィ・ウィル・ロック・ユー」が使われたほど。)
 この曲あたりから、地元テレビ局(テレビ熊本)の洋楽ビデオ専門番組「サタデー・ミュージック・スペシャル(通称SMS)」でプロモーション・ビデオを見ていた記憶があります。セクシーなプロモ・ビデオをドキドキしながら見てました。当時は、クイーンが初めてシンセを導入したということで賛否両論あったものの、レッド・ツェッペリンとテクノ・ポップが好きな私にとって、クイーンの最高傑作は『ザ・ゲーム』です。それまでエンジェルみたいなメイクをしていた彼らが、イメチェンしたジャケットも話題でした。アルバム1曲目「プレイ・ザ・ゲーム」のイントロ、電動ノコギリみたいな音や途中のスペーシーな音に心躍ったものです。次の「地獄へ道連れ」もカッコいいナンバーでした。元フリー~バッド・カンパニー~ザ・ファームのヴォーカリスト、ポール・ロジャースを迎えてツアーを敢行、来日公演も行ったのは記憶に新しいところです。個人的にはブルース系のポール・ロジャースが、「ボヘミアン・ラプソディ」や「キラー・クイーン」に合うとは思えませんが。福岡ドーム公演に行った生徒によると、結構空席があったとか。オフィシャル・サイトはこちら。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/42-4bd93e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)