洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


彼女はサイエンス / トーマス・ドルビー

彼女はサイエンス


 奇才トーマス・ドルビー唯一の全米トップ10ヒット。原題は「She blinded With Me Science」です。83年に5位まで上がりましたが、本国イギリスでは49位と今ひとつでした。なんとも不思議なことです。当時最新のテクノロジーを駆使したエキセントリックなテクノ・ポップ(共同プロデューサーとして、TALK TALKのティム・フリーズ・グリーンがクレジットされています)で、「サイエンス!」という掛け声は、92年に亡くなった英国の科学者・TVプレゼンター、マグヌス・パイクの声のサンプリングです。この曲と次の「ハイパーアクティヴ!」で、マッド・サイエンティストというイメージ(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でクリストファー・ロイドが演じた、エメット・ブラウン博士=ドクみたいな人)が定着したトーマス・ドルビーですが、マグヌス・パイクの従兄弟であるジェフリー・パイクは、元祖マッド・サイエンティストとして有名です。なお曲中に出てくる言葉「Good heavens, Miss Sakamoto! You're beautiful!」の「ミス・サカモト」とは、アルバム『The Golden Age of Wireless』(82年)に参加していた矢野顕子(レコーディング中の81年には、坂本龍一と事実上婚姻関係にあった)のことだと言われています。

 トーマス・ドルビーは、本名トーマス・モーガン・ロバートソンといい、「ドルビー」は学生時代からのニックネームで、音響システムで有名なドルビー研究所がその由来だそうです。80年代を代表するテクノ職人で、バグルス「ラジオ・スターの悲劇」の共作者、ブルース・ウーリー(『The Golden Age of Wireless』にも参加)のカメラ・クラブを皮切りに、トンプソン・ツインズ、フォリナー、デフ・レパード、スティーヴィー・ワンダー、ハービー・ハンコックなどさまざまなセッションやツアーでその技を披露しています。あえて目立とうとしないところが彼のカッコいいところで、85年のライヴ・エイドでデヴッド・ボウイのバックでキーボードを弾いていたのがトーマス・ドルビーだった、というのは有名な話。またXTCとの交流もあり、バリー・アンドリュースの後任として名前があがったり(結局実現しなかった)、ツアーを嫌がるアンディ・パートリッジの代役としてトーマス・ドルビーでXTCのツアーを行おうという話もあがったことがあります(これも実現しなかった)。『The Golden Age of Wireless』には、アンディ・パートリッジも参加しています。またプロデューサーとしてもその手腕も高く評価され、なかでもジョニ・ミッチェルの『ドッグ・イート・ドッグ』やプリファブ・スプラウトの『スティーヴ・マックイーン』は素晴らしい作品です。

 しばらく音楽からは遠ざかっていましたが、2006年頃から活動を再開しており、近々ツアーを行う計画もあるようです。

 オフィシャル・サイト[http://www.thomasdolby.com/index.php]






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして。オグラキャップと申します。67年生まれです。

ロマンティックスの「In Heat」の次のアルバムがCDでどこかに売っていないかなあ。と探していたら、ここを見つけました。

BSのベストヒットUSAを観て、最新のエレポップなダンスナンバーも聴きながらも、ほとんどは80年代の曲を聴いて日々過ごしています。

トーマスドルビー、F.Y.Cは1枚目が最高です。
ビッグカントリーはベスト盤が好きです。
アルファビルも懐かしいです。

次の記事を楽しみにしています。

私は今日O.M.Dの「Crush]を聴いていました。
【2009/10/17 01:11】 URL | オグラキャップ #-[ 編集]


こんにちは、71年生まれのマリメッコと言います。
偶然こちらにたどり着き嬉しいです!
あれもこれも知ってる、懐かしい(><)涙涙~です。
トーマスドルビー、私はハイパーアクティブが一番好きです。
すごく久しぶりにCDを引っ張りだそうと思います。

また遊びに来ますね!
【2009/11/02 15:09】 URL | マリメッコ #-[ 編集]


プリファブ・スプラウトの新作を買いました。はっきりとトーマス・ドルビーの音作りでした。

http://maglog.jp/zep/Article818119.html
【2009/11/03 12:05】 URL | zep #-[ 編集]


多種多彩な曲がヒットチャートを賑わせていた80年代前半こそ洋楽黄金期でしょうね。アート・オブ・ノイズやストレイ・キャッツ、クォーターフラッシュなど短期間ではあったものの個性に溢れていて好きでした。正統派に交じってチャートを上昇した「彼女はサイエンス」も間違いなく時代を象徴するナンバー。‘サイエンス!’とシャウトするトーマスのユニークさ、独特の音楽感に改めて脱帽です。
【2016/01/24 10:29】 URL | なにわのヒバゴン #-[ 編集]


トーマス・ドルビーのフェイスブック、いつも見てるんですが、けっこうファンが多いようです。仰るとおり、「なんでもあり」の懐の深さ、ごった煮的な点こそ80年代の魅力。ニューウェイヴからヘビメタ、コマシャールなアメリカンロックまで。
【2016/02/09 21:37】 URL | zep #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/425-51400619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)