洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


フィール・フォー・ユー / チャカ・カーン

I_feel_for_you.jpg


 アレサ・フランクリンと並ぶ女性R&Bシンガー、チャカ・カーンの代表曲。84年に全米3位、全英1位となりました(ビルボードのダンス・チャート、R&Bチャートでは1位となっています)。オリジナルはプリンスのナンバーで、メロディアスな原曲の良さを生かしながら、チャカ・カーンのパワフルで伸びやかな歌唱が光る名曲です。80年代のブラック・コンテンポラリー・ミュージックを代表する一曲でしょう。

 グランドマスター・メリー・メル(グランドマスター・フラッシュ)によるシャカシャカシャカシャカカーン.....という印象的なラップから始まるヒップホップ調のダンサブルな曲ですが、スティーヴィー・ワンダーによるこれまた印象的なハーモニカが、曲全体にモダンでアダルトな雰囲気も与えています。シンセ関係にはデヴィッド・フランク(システム)の名前も見えますが、この曲で大きな役割を果たしているのは、かつてベビーフェイスの僚友として活躍したファンク/R&B界の重鎮レジー・グリフィンのようです。アルバムではデヴィッド・フォスターなど曲ごとに様々なプロデューサーが起用されていますが、この曲のプロデューサーは、80年代に様々なアーティストを手がけたアリフ・マーディン。

 この曲はポインター・シスターズもカヴァーしていますが(アルバム『ソー・エキサイティッド!』に収録)、リリースはポインターズ・シスターズの方が早く82年にリリ-スされています。また、名曲故に様々なリミックスがありますが、もともと5分以上ある長い曲なので、エクテンディッド・リミックスなど必要はないように思います。先日買った『80'S 12インチ・コレクション』というコンピレーションにリミックス・ヴァージョンが収録されていましたが、やはりシャカシャカシャカシャカカーンで曲が始まらないのは今ひとつでした。でも「フィール・フォー・ユー」からシーラEの「グラマラス・ライフ(クラブ・エディット)」という流れは実によかった!





マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルでのステージ










スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/427-fd448409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)