洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ブギー・ワンダーランド / アース・ウィンド&ファイアー

IMG_1215.jpg


 EW&Fは50年近くにわたって活動している息の長いアーティスト。それゆえ、いい曲はたくさんあります。数年前に、日本で一番人気があるEW&Fの曲は?という企画があり、その時の1位は「セプテンバー」でした。
http://www.barks.jp/news/?id=1000079662
「セプテンバー」もイイ曲です。
ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットが主演し、役所広司と菊地凛子が出演した映画『バベル』で、菊地凛子演じる耳が不自由な少女千恵子がディスコで踊るシーンで流れていたのも「セプテンバー」でした。

 「セプテンバー」は全米8位まで上昇しましたが(1978年)、「セプテンバー」以上のヒットとなったのが「ブギー・ワンダーランド」で、翌79年に6位まで上昇しました。





 大仰なホーンセクションとリズム、そして「with エモーションズ」とクレジットされている女性3人組のエネルギッシュなコーラス。
EW&F節炸裂といった感じのゴージャスなナンバーで、「ディスコでフィーバーしていた世代」のアンセムといってもいいでしょう。
個人的には、エモーションズのせいか、フィリップ・ベイリーの出番はごくわずかなのがちょっと残念(僕は「セプテンバー」のフィリップのファルセット・ヴォーカルが大好きなので....)。


中学生のころ、熊本放送で夜に放送されていたラジオ番組で、この曲をテーマ曲に使った番組があり、よく耳にしていました。私にとっていちばんなじみ深いEW&Fの曲は、この「ブギー・ワンダーランド」です。


このシングルのジャケットカードには「ジャンボシングルでも発売中!」という文字が印刷されています。「ジャンボシングル」という言葉に、時代を感じてしまいます。
12インチ収録のヴァージョンは9分あるそうですが、この7インチのB面はインストヴァージョンなので、12インチヴァージョンをリミックスしたときのマテリアルなのでしょう。

オフィシャル・サイト
http://www.earthwindandfire.com/
のトップページにあるモーリス・ホワイトが去っていく後ろ姿の写真と“The light is he, shining on you and me."という言葉が胸を打ちます。
ご冥福を祈るばかりです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/431-afd5cf77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)