洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドクター!ドクター! / トンプソン・ツインズ
IMG_1227.jpg


 イギリス出身のバンド、トンプソン・ツインズの4枚目のアルバム『ホールド・ミー・ナウ』(原題は『INTO THE GAP』)から、「ホールド・ミー・ナウ」(全米3位)に続くセカンド・シングル曲で、1984年に全米11位まで上昇した曲です。アルバムのオープニングを飾る曲で、「ホールド・ミー・ナウ」とは異なり暗い感じがイギリス的。不安をかきあてるようなイントロと、ドクター!ドクター!と呼びかけるサビ、そして♪Fever breathe your love on me~からのキラキラしたコーラス、80年代英国エレポップのお手本のような曲です。






 トンプソン・ツインズは、80年代前半、いわゆる「第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン」と呼ばれアメリカでもヒットした英国バンドの一つ。日本盤のライナーによれば、「イギリスでは有名なブリキのおもちゃ」がグループ名の由来だとか。1977年の結成当初は4人組でしたが、ファースト・アルバム『A Product Of... (Participation)』リリース時の81年には7人編成という大所帯となり、その後メジャーのアリスタと契約してこの曲が収録された『ホールド・ミー・ナウ』をリリースした時には、トム・ベイリー(1956年1月18日生)、アフリカ系のジョー・リーウェイ(1955年11月15日生)、紅一点アラナ・カリー(1957年9月20日生)の3人となっていました。カルチャー・クラブやデュラン・デュラン、スパンダーー・バレー、ハワード・ジョーンズ、ワム!など他のブリティッシュ・インヴェイジョン勢同様に、キャッッチーなメロディーのエレ・ポップを得意としたバンドです。『イントゥ・ザ・ギャップ』からは、3枚目のシングル「ユー・テイク・ミー・アップ」が全英2位、全米44位を記録してます。

 この曲がリリースされた頃のトンプソン・ツインズの人気は高く、マクセルのカセット・テープのCMに出演したり、85年のライヴ・エイドでは、ナイル・ロジャースとマドンンナをバックにビートルズの「レヴォリューション」を歌うという、今では信じられないようなパフォーマンスを行いました。来日して「夜のヒットスタジオ」に出演したとき、司会の芳村真理がアラナ・カリーに「帽子を脱いで、ヘアスタイルを見せてほしい」と言ったところ、丁寧に断られていたという記憶があります。


マクセルのCM


 85年にリリースしたアルバム『フューチャー・デイズ』(原題は『Here's to Future Days』)はそこそこのヒットをおさめましたが、翌86年にジョー・リーウェイが脱退して以降は鳴かず飛ばず。1991年にベイリーとカリーは結婚し、カリーの生まれ故郷ニュージーランドに移住しましたが、93年にトンプソン・ツインズの解散を発表しました。現在ベイリーとカリーは離婚し、ベリーは音楽活動を続けていますが、カリーは「Miss Pekono」の名前でロンドンを拠点にデザイン系アーティストとして活躍しています。なお、リーウェイはアメリカに渡って催眠療法士として活躍している模様。

 2014年の夏から、トム・ベイリーは、ハワード・ジョーンズ、ミッジ・ユーロ、チャイナ・クライシス、カトリーナ・レスカニッチ(「ウォーキン・オン・サンシャイン」がヒットしたカトリーナ&ザ・ウェイヴスのヴォーカル)らとともに北米ツアーを敢行、トンプソン・ツインズの曲も披露しました。さらに同年12月には来日し、ビルボードライブ東京でステージを行い、80年代の洋楽ファンを大いに喜ばせました。

 トム・ベイリーのオフィシャル・サイト
  http://www.thompsontwinstombailey.com/
 Miss Pekono のオフィシャル・サイト
  http://www.misspokeno.com/
 催眠療法士として活躍するジョー・リーウェイ
  https://hypnosis.edu/hypnotherapists/joe-leeway/







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/433-fb8f902c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。