洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


愛のかげり / ボニー・タイラー
IMG_1245.jpg


 そのハスキー・ヴォイスから「女ロッド・スチュワート」の異名をとったボニー・タイラーの全米・全英ともに首位を獲得した大ヒット曲(1983年)。ビルボードの年間チャートでも6位となった大ヒット曲です。原題は「Total Eclipse of the Heart」で、直訳すれば「心の皆既日食」。愛する人を失った悲しみをメロディアスかつダイナミックに歌い上げた名曲といえます。

 ボニー・タイラーは79年にヤマハ音楽祭に出場して「悲しみのオーシャン」でグランプリを獲得し、日本でも人気を得ましたが、その後人気は低迷します。日本での人気をバネに再起をはかろうと81年に「サヨナラTokyo」(作曲は中村裕介~クレジットは中村きんたろう)という曲をリリースしますがこれも不発。83年にそれまでのRCAからCBSに移籍して、ジム・スタインマンをプロデューサーに迎えてアルバム『スピード・オヴ・ナイト』(Faster Than the Speed of Night)を制作、このアルバムから最初のシングル・カットとなったこの曲で、見事シーンに返り咲きました。





  アーティスティックなPVはMTV時代を代表するクリエーター、ラッセル・マルケイ(バグルス「ラジオ・スターの悲劇」やデュラン・デュランの一連のPV、キム・カーンズ「ベティ・デイヴィスの瞳」など)の作品です。
 作詞・作曲はともにジム・スタインマンで、ギターは名手リック・デリンジャー(あまり目立ちませんが)。この曲で印象的なのが、'Turn around' ~'Turnaround bright eyes'というバッキング・ヴォーカルです。私はバック・ヴォーカリストは女性とばかり思いこんでいましたが、84年のグラミー賞を見てて、男性によるものだったと知り、かなり驚きました。グラミー賞でも声を披露したこの男性は、ロリー・ダッド(Rory Dodd)というカナダ生まれのヴォーカリストで、ジム・スタインマンがミート・ローフ人脈で連れてきた人物です。ロリーはビリー・ジョエルの『イノセント・マン』などに参加しています。



1984年のグラミー賞での「愛のかげり」


 彼女はイギリス(ウェールズ)生まれで、この曲も先にイギリスでリリースされました。その後アメリカでもヒットしたわけですが、イギリス盤とアメリカ盤ではB面のカップリング曲が異なります。イギリス盤は「テイク・ミー・バック」(アメリカでは「愛のかげり」の次のシングルA面)ですが、アメリカ盤はブライアン・アダムスの「フロム・ザ・ハート」(Straight from the Heart)のカヴァーです。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/436-224fd9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)