洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


BLACK FUNK INVITATION / PRINCE
なんということだろう。
プリンスが死んでしまった。
朝出勤前に震災のニュースを見ようとNHKのテレビをつけておいたら、
「1999」のPVとともに彼の死を知らせるニュースが流れた。
よりによってこんな時に、と思う。
彼の死と熊本地震は、直接関係しているわけではない。
が、熊本に住み、熊本市内で働き、地震被害を毎日目にしている私は、どうしても地震と彼の死を結びつけてしまう。

プリンスにはいい曲が多い。
なので、ベスト盤『アルティメット・コレクション』と『ヒッツ』を聴いて、さらに何かライヴ音源を....と思い選んだのは『BLACK FUNK INVITATION』(WATCH TOWER WT2002052/3)という2枚組。これは89年2月1日LOVESEXYツアーの日本公演初日の仙台公演(仙台市体育館)。殿下は「センダ~イ!」と何度も連呼し、シーラEは「シーラEニ、ハクシュシテ、クダサ~イ!」と絶叫する。
 始終ハイテンションな公演で素晴らしく高音質なんだけど、観客の声がまったくと言っていいほど聞こえない。なのでライヴの臨場感に乏しい。時々殿下はオーディエンスに歌ってくれと促しているが、反応があったのかどうかも不明。終盤の「レッツ・ゴー・クレイジー」から「ホエン・ダヴス・クライ」「パープル・レイン」「1999」をへてエンディングの「アルファベット・ストリート」への怒濤の流れは圧巻。


DSCF2766.jpg


DISC1
 01. Housequake
 02. Slow Love
 03. Adore
 04. Delirious
 05. Jack U Off
 06. Sister
 07. Do Me, Baby
 08. I Wanna Be Your Lover (Intro)
 09. Head
 10. Girls And Boys
 11. A Love Bizarre
 12. When You Were Mine
 13. Little Red Corvette
 14. Controversy
 15. U Got The Look
 16. Superfunkycalifragisexy-Controversy
 17. Bob George
 18. Anna Stesia
 19. Cross The Line (SE)

DISC2
 01. Cross The Line (SE)
 02. Eye No
 03. Lovesexy
 04. Glam Slam
 05. The Cross
 06. I Wish U Heaven
 07. Kiss
 08. Dance On (Instrumental Version)
 09. Sheila E. Drum Solo
 10. Let's Go Crazy
 11. When Doves Cry
 12. Purple Rain
 13. 1999
 14. Alphabet St.
 15. Ending (SE)

 「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」のイントロがちょっと幻想的で、おおっと思うんだけど、イントロだけで終わってしまう(^_^;)前年の1988年9月9日のドイツ公演を聴いてみたところ、このときはフルで演奏されており、殿下はシーラEの名を連呼している。


【もう一度視たい殿下のPV】
「Why You Wanna Treat Me So Bad?」 エンディングのギターを弾きまくるところ
「1999」
・♪two thousand zero zero party over,Oops out of timeの部分での殿下の指の動き
・ウェンディ&ジル・ジョーンズのエロカッコよさ
「Little Red Corvette」ステップやスプリットを取り入れた殿下の流麗なダンス
「KISS」第2ヴァースが始まるとき、殿下に顔を寄せられたときのウェンディの表情。

殿下の意向により、ネット上ではほとんど見る機会もなくなってしまった。
さようなら、殿下。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/439-d6c2c208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)