洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー / リック・スプリングフィールド
IMG_1279.jpg


 オーストラリア出身のリック・スプリングフィールドの1982年のヒット曲。アルバム『Success Hasn't Spoiled Me Yet』(邦題『アメリカン・ガール』)からの最初のシングル。覚えやすくキャッチーなメロディの曲で、『ビルボード』では2位まで上昇しました。4週連続2位をキープしながら、結局1位になれなかったのは、7週連続首位となったポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダーの『エヴォニー&アイヴォリー』という超強力なナンバーと同時期に当たってしまったという、なんとも不運な曲です。



 ミュージシャンでもありながら俳優業もこなしていたリックは、1981年にリリースしたアルバム『Working Class Dog』(邦題『ジェシーズ・ガール』、全米7位)からカットされた「ジェシーズ・ガール」が全米1位、続く「エヴィリシング・フォー・ユー」(リック・デリンジャーがカヴァー)も同8位となるヒットとなり、一躍人気アーティストとなりました。 このため82年のグラミー賞では、「ジェシーズ・ガール」で最優秀男性ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞(現在は廃止)を受賞しています。また翌83年には、この「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」で、最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞(現在の「現在最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」に相当)にノミネートされましたが、惜しくも受賞は逃しています(このときの受賞は、「トゥルーリー」のライネル・リッチーでしたが、私はドナルド・フェイゲンの「I.G.Y」を応援してしました)。

 オフィシャル・サイトを見ると、現在も元気に活躍中のようです。写真を見る限り、渋さも加わってイイ感じに年齢を重ねている雰囲気です。
http://rickspringfield.com/#





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/442-dc9173b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)