洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


Oh, シーラ / レディ・フォー・ザ・ワールド
 ミシガン州フリント出身の6人組、レディ・フォー・ザ・ワールドが1985年に放った全米No.1ヒット。ダイアー・ストレイツの「マネー・フォー・ナッシング」から1位の座を奪い、10月12日にトップに立っています。年間チャートでは31位。ちなみに1位を譲ったのは、A-Haの「テイク・オン・ミー」でした。 http://www.billboard.com/archive/charts/1985/hot-100

IMG_1399.jpg


 ファンク/ソウル系のエレ・ポップで、プリンス直系の音作りです。タイムなどのいわゆるミネアポリス・サウンド。リーダーのメルヴィン・ライリーのヴォーカルをはじめ、シンセドラム、キーボードなどもプリンスそっくりで、バックのリズムはプリンスの「レディ・キャブ・ドライバー」そのまま。おまけにタイトルが「Oh, シーラ」で、当時プリンスのパートナーだったシーラ・Eのことを歌っているという話もありました。





 この曲に続いて『Ready For The World』からカットされた「Digital Display」は21位までしか上がりませんでしたが、86年には「Love You Down」を全米9位に送り込んでいます。1991年に1度解散し、メルヴィン・ライリーはソロ活動を行っていましたが、2004年に再結成し、現在も活動しています。ただ、ツイッターも更新が止まり、公式サイトも削除されています。
 RFTWのツイッター https://twitter.com/rftwmusic


「ソウル・トレイン」でのレディ・フォー・ザ・ワールド


 オランダのユニット、エンジェル・シティがイギリスの女性シンガーLara McAllenとともに「Love Me Right」というタイトルでカヴァーしました。


Angel City - Love Me Right

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/448-63264c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)