洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


エヴリバディ・ハヴ・ファン・トゥナイト / ワン・チャン
DSCF2956.jpg


 イギリス出身ながら、本国よりもアメリカで人気があったワン・チャン最大のヒット曲。彼らの4枚目のアルバム『モザイク』からの1stシングルで、1986年末から翌年にかけて全米2位を記録しました。2週連続2位となりながらもトップに立てなかったのは、当時人気絶頂だったバングルスの「エジプシャン(Walk Like An Egyptian)」という強力なナンバー(4週連続1位)と同時期にあたってしまったという悲運が原因。
 バンド名通りのややオリエンタルな雰囲気も感じられる一方、彼らの魅力である「ロックよりのダンサブルなエレ・ポップ」が炸裂する好ナンバーです。サビの部分で"Everybody Have Fun Tonight"を"Everybody Wang Chung Tonight"と歌うところもおもしろい。プロデュースは、スターシップの「シスコはロック・シティ」を手がけた、オーストリア出身の方の(元J.ガイルズ・バンドのヴォーカルじゃない方の)ピーター・ウルフ。続く2枚目のシングル「レッツ・ゴー」も9位とトップテン入りを果たし、3枚目の「ヒプノタイズ・ミー」は36位まで上がりました。


ゴドレイ&クレームによるプロモーション・ヴィデオ。コマ撮りを駆使した映像は、「てんかん発作を起こす」とされ放送禁止となった模様(英語版Wikipedia)。


バック・ヴォーカルの女性の存在感がハンパないスタジオ・ライヴ



「レッツ・ゴー」 中国と日本を勘違いしてる?



「レッツ・ゴー」のスタジオ・ライヴ



 「ヒプノタイズ・ミー」ヴォーカルのジャック・ヒューズは「キャメロン・ディアスに似てる」という声があったが、むしろ幸田シャーミン。






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/452-f4123745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)