洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


オンリー・ザ・ロンリー / モーテルズ
DSCF2963.jpg

 紅一点のヴォーカル、マーサ・ディヴィスを中心としたモーテルズの3rdアルバム『L.A.から来た女(原題:All Four One)』(1982年)からの最初のシングル。ティル・チューズデイの「愛のVoices(Voices Carry)」(85年)・クォーターフラッシュの「ミスティ・ハート(Harden My Hear)」(81年)と並ぶ「(私が選んだ)80年代紅一点バンドの切ない系3大名曲」のひとつで、全米で9位まで上がった曲です。



 この9位という最高位はなかなか微妙で、「4週連続」という但し書きが必要です。この曲が9位になったのは、82年7月17日。翌週には、スティーヴ・ミラー・バンドの「アブラカダブタ」(11位→6位・最高位1位)、翌々週にはシカゴの「素直になれなくて(Hard To Say I'm Sorry)」(11位→6位・最高位1位)、8月に入っても、8月7日付ではREOスピートワゴンの「キープ・ザ・ファイアー・バーニン」(10位→8位)、エア・サプライの「さよならロンリー・ラブ(Even The Nights Are Better)」といった後発の曲に次々と抜かれていき、そしてついに8月14日付では11位にランクダウンしてしまいます。同時期の上位には、サバイバーの「アイ・オブ・ザ・タイガー」(6週連続1位)、ヒューマン・リーグ「愛の残り火」(3週連続1位)、ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー「エボニー・アンド・アイボリー」(7週連続1位)といった強力なナンバーが目白押しで、その意味でも不運なチャートアクションでした。TOTOの名曲「ロザーナ」も、この時期に重なってしまった不運な曲です。「ロザーナ」は翌年の83年にグラミー賞最優秀レコード賞を受賞しましたが、7月3日付から5週連続2位をキープしたものの結局1位となれませんでした。



 この曲にかわって前週の12位から9位に上昇したのは、Go-Go'sの「バケーション(Vacation)」。モーテルズとGo-Go'sはともにロサンゼルスを拠点にしていたことからメジャーデビュー前から親交があり、英語版WIkipediaによれば両バンドはリハーサル用のスペースをシェアしていたそうです。

 『L.A.から来た女』からの2枚目のシングル「Take The L.」は、最高位52位でした。「Take the L out of lover and it's over」という歌詞はなかなかユニーク。


  モーテルズは1987年に解散し、マーサ・デイヴィスはソロになりました。98年に再結成し、2011年にはお蔵入りとなっていた『Apocalypso』(81年に3rdアルバムとしてリリース予定だった作品)がリリースされました。現在もコンスタントに活動しています。


2015年のステージ



2016年のステージ





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/454-d6347e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)