洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パープル・レイン DELUXE-EXPANDED EDITION
DSCF3008.jpg


 僕の強烈なプリンス体験は、高校を卒業して大学に入学した1985年のグラミー賞。プリンス&ザ・レヴォリューション(&シーラE)は「ベイビー・アイムア・スター」を披露したのだが、パワフルでエネルギッシュで華麗、あまりのカッコよさに見とれるしかなかった。『1999』の時にはノミネートされたものの会場に姿を見せず、「プリンスはグラミーに興味はない」とか言われていたので、あんな凄いパフォーマンスを見せるとは予想外だった。プリンスはこの年のグラミーで最優秀映画・TV作曲賞を受賞しているが(対抗馬は「ゴーストバスターズ」、「フットルース」、フィル・コリンズの「カリブの熱い夜」など)、チャカ・カーンがプリンスのカヴァー「フィール・フォー・ユー」で最優秀R&B女性ボーカル賞を受賞している。

 グラミー賞のパフォーマンスではレヴォリューションもカッコ良かったけど、途中からアフリカ系のダンサーとともに見せたダンスのカッコ良さ。この人はこんな激しく動いてるのに、どうして息が切れないんだろう?と不思議だった。最後の方では会場の人たちがどんどんステージに上がってきて、プリンス自身は花道をボディガードの大男とともに去っていく....湯川れい子さんの「全米トップ40」の「坂井隆夫のジョークボックス 」で、「Might not know it now」の部分が「鼻の穴」と聞こえると紹介されたこの曲、あえてシングルになっていない曲をグラミーで超絶演奏するという離れ業。この体験がもとで、大学に入った僕は、熊本市の輸入・中古レコード店の「ウッドペッカー」でプリンスの12インチを見かけるたびに買っていた。

 雑誌『ミュージック・ライフ』には、Q&Aのコーナーがあり、アルバム『パープル・レイン』のラストを逆回転されると「隠しメッセージ」を聴くことができると書かれていた。僕が使っていたのは、パイオニア製のアナログ・プレイヤーで、ベルトドライブ方式だったから、ベルトを外して指でレコードを回転させて聴いてみた。なるほど、確かに聞こえる。「「Hello, how are you? I’m fine ’cause I know that the Lord is coming soon Coming, coming soon.」というメッセージだが、当時の雑誌には「Lord」ではなく、「Rain」と紹介されていたように思う。Youtubeにアップされている音を聴く限り、やはり「Lord」のようだ。「ゴッド」という曲もあるしね。


 2017年6月にリリースされた『パープル・レイン DELUXE-EXPANDED EDITION』は、CD3枚プラスDVDの4枚組。

【ディスク1】:オリジナル・アルバムの2015年リマスター
【ディスク2】:未発表曲集
 01. ザ・ダンス・エレクトリック
 02. ラヴ・アンド・セックス
 03. コンピューター・ブルー(ホールウェイ・スピーチ・ヴァージョン)
 04. エレクトリック・インターコース(スタジオ)
 05. アワ・デスティニー/ロードハウス・ガーデン
 06. ポセスド(1983年ヴァージョン)
 07. ワンダフル・アス
 08. ヴェルヴェット・キティ・キャット
 09. カトリーナズ・ペイパー・ドールズ
 10. ウィ・キャン F
 11. ファーザーズ・ソング

【ディスク3】:シングル・エディット&B面集
 01. ビートに抱かれて(エディット)
 02. 17デイズ
 03. レッツ・ゴー・クレイジー(エディット)
 04. レッツ・ゴー・クレイジー(スペシャル・ダンス・ミックス)
 05. エロティック・シティ
 06. エロティック・シティ(メイク・ラヴ・ノット・ウォー・エロティック・シティ・カム・アライヴ)
 07. パープル・レイン(エディット)
 08. ゴッド
 09. ゴッド(ラヴ・テーマ・フロム・パープル・レイン)
 10. アナザー・ロンリー・クリスマス
 11. アナザー・ロンリー・クリスマス(エクステンデッド・ヴァージョン)
 12. ダイ・フォー・ユー(エディット)
 13. ダイ・フォー・ユー(エクステンデッド・ヴァージョン)
 14. ベイビー・アイム・ア・スター(エディット)
 15. テイク・ミー・ウィズ・ユー(エディット)

【DVD】1985年3月30日ニューヨークでのライヴ
 01. レッツ・ゴー・クレイジー
 02. デリリアス
 03. 1999
 04. リトル・レッド・コルベット
 05. テイク・ミー・ウィズ・ユー
 06. ドゥ・ミー・ベイビー
 07. あきれた女
 08. ポゼスド
 09. つめたい素振り
 10. 夜のプリテンダー
 11. インターナショナル・ラヴァー
 12. ゴッド
 13. コンピューター・ブルー
 14. ダーリン・ニッキー
 15. ビューティフル・ワン
 16. ビートに抱かれて
 17. ダイ・フォー・ユー
 18. ベイビー・アイム・ア・スター
 19. パープル・レイン



 ディスク2は76分にも及ぶ未発表テイク集。この中で私が聴いたことがあるのは「ポゼスド」「ワンダフル・アス」「ウィ・キャン F***」の3曲だけ。これだけの曲がお蔵入りだったとは驚くばかり。ディスク3では、入手困難な7インチ・ヴァージョンの収録が嬉しい。アルバムで「レッツ・ゴー・クレイジー」を聴いたとき、イントロの語りの長さに違和感を感じたものだが、今では7インチのイントロの語りの短さに違和感を覚える。DVDに関しては、映像は今ひとつながら音はよい。かなり手を加えたのではないか。1985年といえば、先述のグラミー賞と同じ年である。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/456-a9aadd51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。