洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


秘密警察 / アフター・ザ・ファイヤー
atf.jpg


  原題は「Der Kommissar」で、83年の4月に全米5位を記録しています。クールなシンセの響きが心地よい、エレ・ポップ・ナンバーで、歌詞はなんとなくラップ調で歌われます。原題から分かるとおり元はドイツ語の歌で、「ロック・ミー・アマデウス」をヒットさせた、故ファルコの曲です。曲のコンポーザー・クレジットは「Robert Ponger / Falco」となっています。
 アフター・ザ・ファイヤー(After The Fire)はキーボードのピーター・バンクスを中心とするイギリス出身の4人組で、78年にアルバム『サイン・オヴ・チェンジ』でデビュー、その後は奇才ルパート・ハインやマフ・ウィンウッド(スティーヴ・ウィンウッドの兄)らのプロデューサーともコラポレイトしています。その後エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)とともにヨーロッパ・ツアーを行いますが、ツアー途中にELOのドラマー、ベヴ・ベヴァンが急病で倒れるという事態になったとき、ATFのドラマー、ピート・キングがELOのステージでも代役を務めます。このことをきっかけにELOのメンバーからATFの話が各方面に伝わり、ヴァン・ヘイレンと全米ツアーを行ったことで、アメリカでも成功を収めました。
 下の歌詞はweb上で見つけたものですが、最初の「Zwei, drei, vier」の部分が、日本盤7インチ掲載の歌詞では「Spite gripe here」となっていて、「悪意が僕を悩ませる」という訳詞がついています。他のwebも見てみましたが、すべて「Zwei, drei, vier」でした。でもここだけドイツ語ってのも何か変。








スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/49-da89dccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AFTER THE FIRE「DER KOMMISSAR」

1982年(くらい)に発表された、アフター・ザ・ファイアーの「ATF~秘密警察」というアルバム。当時、タイトル曲の「DER KOMMISSAR(邦題:秘密警察)」が大ヒットした。このアルバムは、一応ベスト盤として発売されているが、なにしろ、1曲しかヒットしなかったため、 さかずうの日記【2006/02/26 20:02】