洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャスト・ガット・ラッキー / ジョーボクサーズ
joboxers.jpg


 83年に全米で36位まで上昇。ホーンが効果的で、軽快なノリのいいナンバーですが、ピアノの音色がちょっとノスタルジックな雰囲気もある、80年代の隠れた名曲です。ライナーによれば、プロモ・ビデオではバンドのマスコットである犬(ジャケ写真右下)をフィーチュアしたものだったとか。見たかったなぁ。
 正式なバンド名は「JoBOXERS」で、メンバーはディグ・ウェイン(Vo.)、シーン・マクラスキー(D.)、デイヴ・コラード(Key.)、クリス・ボストック(B.)、ロバート・マーシュ(G.)の5人で、この曲はディグが作詞、クリスが作曲しています。バンドについて、以下『ギター・ポップ・ジャンボリー~マスター・ピース BMG Edition』(BVCM-31040)の宮子和眞氏の解説から。「彼らの母体となったのは、ロンドン・パンクのムーヴメントから台頭したサブウェイ・セクト。そのサブウェイ・セクトが解散をした時、後にエドウィン・コリンズ(オレンジ・ジュース)と親交を深めるリーダーのヴィック・ゴダードを除く4人が再度集まり、この4人に米国人シンガーのディグ・ウェインを加える形で生まれたのが、このジョーボクサーズだった。彼らは、83年に『ボクサー・ビート』(全英3位)でデビューした後、この「ジャスト・ガット・ラッキー」(全英7位)おリリース。60年代のノーザン・ソウルの雰囲気たっぷりなサウンドと、Tシャツにサスペンダー、それにハンチングという労働者階級の誇りを露にしたスタイルで、サブウェイ・セクト時代にはない人気を得ていった。」
 ふむふむ、なるほど。で、サブウェイ・セクトってどんなバンドだったんでしょう?






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/58-f883eb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。