洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幻を追いかけて / サイケデリック・ファーズ
ghostinyou.jpg

 イギリスのニュー・ウェーヴ・バンド、THE PSYCHEDELIC FURSのヒット曲。原題は「GHOST IN YOU」。84年のヒットですが、全米・全英で一体何位まで上がったのか不明です(情報求む)。それまで暗いイメージのあった彼らが、チャーリー・セクストンやビリー・アイドルを手がけたキース・フォーシーをプロデューサに迎えポップでダンサブルな変化を見せた4枚目『ミラー・ムーヴス』からのシングル・カット。ノスタルジックでロマンティックな優しい感じの曲です。リチャードの奇妙なダンスと、水玉が飛び交うサイケな感じのプロモーション・ヴィデオも印象的でした。
 サイケデリック・ファーズはヴォーカルのリチャード・バトラーを中心としたイギリスのバンドで、シンプル・マインズ同様にアメリカでも成功したイギリス出身のニュー・ウェーヴ・バンドです。ファーズは80年に1stアルバム『THE PSYCHEDELIC FURS』をリリース、1stと2nd『トーク・トーク・トーク』(「プリティ・イン・ピンク」のオリジナル・ヴァージョン収録、81年)はU2を手がけたスティーヴ・リリーホワイト、3rd『フォーエヴァー・ナウ』(82年)は奇才トッド・ラングレンをそれぞれプロデューサーに起用しています。『トーク・トーク・トーク』を最後にオリジナル・メンバーのダンカン・ギルバートとロジャー・モリスが脱退、リチャードと彼の弟キム(ベース)、そしてジョン・アシュトン(ギター)の3人となりました。その後バンドは一度解散しましたが、2000年に再結成し、現在も元気に活動中。オフィシャル・サイトはこちら。http://www.burneddowndays.com/
 タタキ文句は、
「満天の星とともに一人の男が舞い降りる デカダン、そしてサイケデリック・トリップ」

 この作品がリリースされたころ、さる日本の音楽雑誌Mでは自称音楽評論家Nが執拗なまでにこのバンドとチリャード・バトラーを攻撃していました。曰く「こんなに歌がヘタな人がよくやってる」等々.....もっともNにかかると、80年代に流行した欧米音楽はほとんどダメだということになっていたようですが。当時Nは非欧米音楽に傾倒し、さかんにその素晴らしさを強調、その手の雑誌や本を発行してました。自分が好きな音楽を称賛することは一向にかまわないと思いますが、返す刀で聴く人の人格までも否定するかのような言動はいかがなものかと思いますが。まあそれも販売戦略、つまり自分が関わる雑誌を売るための手法だったのかもしれませんけど。シンコー・ミュージックの『クロスビート』に対する中傷には恐れ入りました。数年前にYahoo!の音楽掲示板の80年代洋楽関係スレで、この評論家の言葉を引用し、それをさも自分の意見のように垂れ流していた人がました。一般に広く受け入れられるカルチャーを見下すことでしか、自分のアイデンティティを確認できない人って、時々みかけます。






スポンサーサイト


この記事に対するコメント
昔、買いました
今多分手物にレコードはないと思いますが、彼等のデビューレコードを買いましたよ。

でも結局それ1枚でした。

ちなみにこの「The Ghost in You」、調べてみたら全米では59位でした。全英のランクは判りません。
【2006/03/27 01:28】 URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]


Cottonwoodhill さん、情報有り難うございました。Top40にははいらなかったのですね。当時はこのサイケデリック・ファーズやシンプル・マインズのように、暗い英国マイナー路線から、アメリカ市場向けに音が変わっていったバンドが多かったような気がします。
【2006/03/28 20:33】 URL | zep #-[ 編集]


サイケデリックファーズ 曲聴いたこと
無いけどいつか絶対聴くとおもって早、
20年くらいは軽く経ってしまいました。
自分しか知らないと思っておりました。
いやーココ楽しいのでまた、訪問していいですか?
【2008/07/10 20:39】 URL | きいまかれい #-[ 編集]


YouTubeにはファーズのvideoがありますので、見て聞いてください。最近リマスター盤もリリースされ、ヤフオクでも需要はコンタントにあるみたいです。
【2008/07/12 09:19】 URL | zep #-[ 編集]


こんにちは。
そういえば、当時デビッドボウイの亜流だとか散々に叩かれてたように思います。
YouTubeで色々と見れる時代になって、当時の音楽雑誌っていい加減なこと書いてたんだなーと思うことが多々ありです。


CDは全部買いました。ファンなのでもちろん今でもYouTubeで聞いてます。確か当時日本公演がキャンセルされたんでしたっけ?子供だったので行けませんが残念ですね。
グランセフトオートというゲームの中でLove My Wayが流れたときはびっくりしました。


【2016/08/15 17:53】 URL | ものりす #Lndjz796[ 編集]


この評論家センセイは、かの「ミュージック・マガジン」を創刊した中村とうよう氏です。自殺という形で亡くなった方を悪く言うのは気が引けますが、中村氏の文章を読むにつけ、音楽評論家という職業は他人が好んで聴いている音楽を貶めて金を稼ぐというものか、と思ったことでした。
グランド・セフト・オートシリーズ、けっこうエグいゲームですね。
【2016/08/17 21:28】 URL | zep #J7S1TTU6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/64-7a05000f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。