洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レフト・オブ・センター / スザンヌ・ヴェガ
vega.jpg


 ジャケットにもあるように、パラマウント映画『プリティ。イン・ピンク』のサントラ(86年)からのシングル・カット。この映画はサイケデリッック・ファーズの同名曲にもとづいて制作された青春映画で、このスザンヌ・ヴェガの曲は主人公の女性がボーイフレンドと一緒に勉強しているシーンでラジオから流れてきます。共同プロデューサーには、アーサー・ベイカーが名を連ね、さりげなく使われた打ち込みがスザンヌの醒めたような歌とよくマッチした作品です。ピアノを弾いているのがジョー・ジャクソンであるのも当時話題となりました。
 私はスザンヌ・ヴェガ(1960年カリフォリニア州サンタモニカ生まれ)が大好きで、当時はよく聴いていました。ジョニ・ミッチェルやリッキー・リー・ジョーンズの系譜をひきながらも、彼女らと違って感情を抑えたような冷徹な感覚が、凛とした冬の朝のようでとても好きでした。英国のネオ・アコ勢とは違って、大都会の冷たさみたいなものが感じられます。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/70-c399e0f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。