洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



つぶやき



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ノックは夜中に / メン・アット・ワーク
menatwork.jpg


 オーストラリア出身のバンド、コリン・ヘイ率いるメン・アット・ワークの全米No.1ヒット(82年)。原題は「Who Can It Be Now」。ユーモラスなサックスと、ノックの音のようなドラム、そしてコリン・ヘイの、どこかしらとぼけたようなヴォーカルが印象的なナンバーです。オーストラリアのメルボルンで79年に結成されたメン・アット・ワークは、フリートウッド・マックの全米ツアーに同行してアメリカでも話題となり、アマリカでのデビューを果たしました。デビュー・アルバム『ワーク・ソングス』からのカットで、続く「ダウン・アンダー」も全米No.1となり、一躍脚光をあびました。アルバムも全米でNo.1となり、グラミーでは最優秀新人賞を受賞するなど、めざましい活躍でしたが、87年に中心のコリン・ヘイが脱退、あとが続かなかったのが残念です。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://e9913110.blog41.fc2.com/tb.php/85-002163e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。