洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スエードヘッド / モリッシー

suedhead.jpg



 ザ・スミス解散後、88年にリリースされた初ソロ・アルバム『ヴィヴァ・ヘイト』からのファースト・シングル。ザ・スミス時代の憂鬱さは影をひそめ、爽やかでポップな好ナンバー。印象的なギターは、ドゥルッティ・コラムのヴィニ・ライリー。ナショナル・チャートでもトップ10入りを果たし、上々の滑り出しをみせました。その後は、ザ・スミス時代のようなカリスマ的人気とまではいかないものの、安定した人気とコンスタントな活動を続けており(来日ドタキャン騒ぎなどもありましたが)、2006年には8枚目(ライヴ盤をのぞく)のソロ・アルバム『リングリーダー・オブ・ザ・トーメンターズ Ringleader Of The Tormentors』をリリースしました。









ライク・ア・ヴァージン / マドンナ
Madonna.jpg


 マドンナのセカンド・アルバム『ライク・ア・ヴァージン』(84年)からの第1弾シングルで、彼女初の全米No.1ヒット。ジャン・レノ主演の映画『レオン』で、この曲をナタリー・ポートマンが歌って踊る場面がありますが、なんともいい感じでした。
1958年8月16日生まれの彼女、今年48歳。全く信じられません。若さを保つ秘訣は一体何なのでしょうね?おそらくかなり厳しい節制をしているのでしょう。そして常にクリエイティヴさを失わないの素晴らしい。当初セックス・シンボルとみられていた彼女ですが、それも周到な戦略であったわけです。素晴らしいセルフ・プロデュースの能力。このクリエイティヴさが、彼女の若さの秘訣なのでしょう。

オフィシャル・サイトはこちら。[http://www.madonna.com/]









ノックは夜中に / メン・アット・ワーク
menatwork.jpg


 オーストラリア出身のバンド、コリン・ヘイ率いるメン・アット・ワークの全米No.1ヒット(82年)。原題は「Who Can It Be Now」。ユーモラスなサックスと、ノックの音のようなドラム、そしてコリン・ヘイの、どこかしらとぼけたようなヴォーカルが印象的なナンバーです。オーストラリアのメルボルンで79年に結成されたメン・アット・ワークは、フリートウッド・マックの全米ツアーに同行してアメリカでも話題となり、アマリカでのデビューを果たしました。デビュー・アルバム『ワーク・ソングス』からのカットで、続く「ダウン・アンダー」も全米No.1となり、一躍脚光をあびました。アルバムも全米でNo.1となり、グラミーでは最優秀新人賞を受賞するなど、めざましい活躍でしたが、87年に中心のコリン・ヘイが脱退、あとが続かなかったのが残念です。







セーフティ・ダンス / メン・ウィズアウト・ハット
menwithouthats.jpg

  83年に全米で3位まで上昇したダンス・ナンバー。我が国のGSグループ、タイガースの「シーサイド・バウンド」に似た部分があり、話題となりました。アルバム『RHYTHM OF YOUTH(邦題:セーフティ・ダンス)』からのカット。この曲には「UK REMIX」、「Original Aussie Version」というのがありますが、後者はベスト盤『COLLECTION』に収録されている「Extended Version」とまったく同じです。
menwithouthats02.jpg

 メン・ウィズアウト・ハットはカナダのモントリオール出身のバンドで、アイヴァン・ドロスク(ヴォーカル、ギター、パーカッション、ピアノ)とジェレミー・アロバスの2人によって1980年に結成されました。正式にはMEN WITHOUT HATS(MENが複数形なので、当然HATも複数)ですが、日本盤での表記は、アルバムもシングルもメン・ウィズアウト・ハットとなっています。バンドはこの2人にアイヴァンの弟ステファン・ドロスク(ギター、ヴァイオリン)を加えて3人組となり、4曲いりEP『FOLK OF THE '80s』をリリースしますが、間もなくジェレミーが脱退、代わってアラン・マッカーシー(エレクトロニクス、ピアノ、パーカッション)が加入します。そしてリリースされたのが、この「セーフティ・ダンス」です。プロモーション・ヴィデォでのミョ~な決めのポーズ(イヤミさんの「シェー」に似てる)が、なんかおかしかったですよね。

 この後も地道に活動を続けますが、あまりヒットには恵まれませんでした。しかし87年にリリースした「Pop Goes The World」が88年1月に20位まで上昇しました。オフィシャル・サイトはこちら。







ハートは燃えている / スティーヴ・ミラー・バンド
miller.jpg


 「THE STEVE MILLER BAND」と「THE」がついているので、本来は「S」の項目に入れるべきでしょうが、「M」のアーティストが少ないので協力していただくことにしました。
 さてこの曲ですが、スティーヴ・ミラーが81年にリリースしたアルバム『愛の神話』(原題は『Circle of Love』)からのカットで、全米で24位まで上昇しました(原題は「Heart Like A Wheel」)。『愛の神話』は前作『ペガサスの祈り』から4年半ぶりの作品で、この間スティーヴはコロラドの牧場で俗世を離れた生活を送っていたとか。
 スティーヴ・ミラーは1943年10月5日、ミルウォーキーで生まれで、ハイスクールの同級生にはボズ・スキャッグスもいたそうです。大学でバリー・ゴールドバーグ(のちにレイ・ケネディらとKGBを結成する人)と出会い、ゴールドバーグ・ミラー・ブルース・バンドを結成、これがスティーヴ・ミラー・バンドの前身です。70年代後期には『鷲の爪』等の傑作も残しました。この曲をリリースした翌82年には、「アブラカダブラ」が全米No.1となっています。
 噂によれば彼は日本が嫌いなようで、結局来日コンサートを行わないまま引退同然となっていましたが、現在は活動を再開、全米ツアー中です。オフィシャル・サイトはこちら。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。