洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



google



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アイ・ラン / フロック・オブ・シーガルス
iran.jpg


  リヴァプール出身の4人組、フロック・オブ・シーガルズ82年のヒット曲で、第二次ブリティッシュ・インヴェンジョンの波に乗り、全米でも9位にはいるヒットとなりました。デビュー・アルバム『テレコミュニケイション』(原題は『A Flock Of Seagulls』)からの1stシングル。原題は「I Ran」("Run"ではありません)で、「I Ran (So Far Away)」とカッコつきのシングルもありますが、日本盤にはライナーにも盤面にも(So Far Away)のクレジットはありません。





バンド名は「A Flock of Seagulls」と、定冠詞「The」ではなく不定冠詞「A」がついています。メンバーは、マイク・スコット(ヴォーカル、ギター、キーボード)、フランク・モズリー(ベース、ヴォーカル)、ポール・レイノルズ(リード・ギター)、アリ・スコア(パーカション)の4人。リーダーのマイク・スコアの鉄腕アトムみたいなヘア・スタイルも印象的でしたが、アレってカモメをイメージしていたんでしょうね。アメリカのファンクラブのウェブサイトには、マイク・スコアの最近の写真も掲載されていますが、こんなに太っちゃって.....。別人のようです。 日本盤のタタキ文句は
「マイコン・エイジのテーマ曲 でてくるでてくる4羽のロック・バード 100%総カモメ!!」
「100%総カモメ」って、少年隊の「100%そうかもね」からとったんでしょうねぇ、やっぱり。










ビバリーヒルズ・コップのテーマ / ハロルド・フォルターメイヤー
axel.jpg


 映画『ビバリーヒルズ・コップ』のサントラからのカットで、主演のエディ・マーフィー扮するデトロイト警察のアクセル・フォーリー刑事のテーマ・ソング(原題は「AXEL F.」)。インスト曲ながら85年に3位まで上昇し、B面のパティ・ラベル「ニュー・アティチュード」も17位まで上昇するヒットとなりました。クールなシンセ・ポップが、夜のロサンゼルスの街によくマッチしており、アクセル刑事が尾行をまくために車のマフラーにバナナをいれておくといった映画のシーンが思い出されます。
 ハロルド・フォルターメイヤー(HAROLD FALTERMEYER)は同じく『ビバリーヒルズ・コップ』のサントラからカットされてヒットしたグレン・フライ「ヒート・イズ・オン」のコンポーザーでもあり、他にはファルコ、ローラ・ブラニガン、スパークスなどのミックス/プロデュースを行っています。『ビバリーヒルズ・コップ』以外にも、トム・クルーズの『トップ・ガン』、アーノルド・シュワルツネッガーの『バトル・ランナー』等、映画音楽を数多く手がけています。

 『ビバリーヒルズ・コップ』で一番印象に残っているシーンは、アクセル刑事が情報収集のために会員制クラブに潜入しようとする場面です。入店を断られると、アクセル刑事は同行していたロス市警の刑事を「フォード元大統領」って紹介するんですねぇ。で、入店するわけですが、ここで米人は爆笑。フォード大統領は、ニクソン大統領がウォーターゲート事件で辞任した際、副大統領から昇格した大統領です。無難に政治を運営しましたが、次の大統領選ではカーターに敗れます。まあ、印象の薄い大統領ってことですね。戦後史の授業でいつもこの映画の話をするんですが、最近は『ビバリーヒルズ・コップ』を知らない生徒も多い?






リラックス / フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
DSCF3122.jpg


 トレヴァー・ホーンがプロデュースしたZTT第二弾アーティスト。リヴァプール出身でヴォーカルのホリー・ジョンソンは、同市の伝説的バンドビッグ・イン・ジャパンの元メンバー。メンバーの一人でゲイのポール・ラザフォード(ヴォーカリスト兼ダンサー)は、故フレディ・マーキュリーに似てた。
 SMとセックスをネタにした歌詞も過激なら、プロモーション・ヴィデオも過激。曲の方も数種類のヴァージョンがあったけど、PVも数種類が存在。曲もPVも放送禁止になりながらも全英チャートNo.1を独走して話題となる。B面は「ワン・セプテンバー・マンデー」。「夜のヒットスタジオ」では、イギリスから衛星でこの曲が中継され、加山雄三が手拍子をとっていた。ホリーは最後に「サヨナラ、ジャパン!」と叫び放送は終了。

 CDシングル(Atlantic‎– 85659-2)に収録されているヴァージョンは、

1. Jam & Spoon Trip-O-Matic Fairytale Mix
2. Jam & Spoon Hi N-R-G Mix
3. Ollie J Remix
4. Trip Ship Edit
5. Original Mix A.K.A. New York Mix






Laser Beam Version


Gorilla Version


Body Double Version


Restored Version





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。