洋楽パラダイス
私が中高校生時代に流行した洋楽の曲を振り返るブログです。80年代が中心で、大学時代に流行した曲もあります。本業は高校の世界史教師


FC2カウンター



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

zep

Author:zep
70~80年代の英国ロックを振り返る「英国ロックの深い森の入り口」というブログもやっています。本業は高校の世界史教師。



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Google


ジョージ・マイケルよ、安らかに
 2016年は年明け早々のボウイの訃報に始まり、モーリス・ホワイト、プリンス、ピート・バーンズ、レナード・コーエン、ELPのEとP、ジョージ・マーティン....そしてクリスマスにジョージ・マイケルの訃報。まったく驚くしかない。しかもジョージ・マイケルに至っては、私とほとんど変わらない年齢である。自分自身の年齢をイヤでも実感してしまう。

DSCF2923.jpg


 ワム!の「クラブ・トロピカーナ」を聴いたとき、なんて素敵でキャッチーなメロディなんだろうと(内心)舌を巻いた。当時は男性でワム!が好きだと口にしようものなら、かなりバカにされたものである。デュラン・デュランはOKでも、ワム!はダメ....みたいな。スタイル・カウンシルやトンプソン・ツインズらと同様、マクセルのカセットテープのCMにも登場し(後にジョージが日本人をバカにした歌詞に変えて歌っていたことが明らかとなる)、結構人気だった。中にはリフラフという日本人男性4人組バンドが「ウキウキ ウェイク・ミー・アップ」をまんまパクった「東京涙倶楽部」というとんでもない曲もあったほど。



 いくつかトラブルもあったものの、高い歌唱力と優れたソングライターであったことは間違いない。私の好きな彼の曲のベスト3は、
  1位:フェイス(ジョージ・マイケル)
  2位:クラブ・トロピカーナ(ワム!)
  3位:フリーダム(ワム!)
  3位:ケアレス・ウィスパー(ワム!)

ジョージ・マイケル、安らかに。





ネバーエンディング・ストーリーのテーマ / リマール
IMG_1285.jpg


 カジャグーグーをレイオフされたヴォーカリストのリマール(本名クリストファー・ハミル~「リマールLimahl」は本名Hamilのアナグラム)が、ミヒャエル・エンデ原作の映画『ネバーエンディング・ストーリー』のタイトル・ソングとしてリリースした曲。1984年に「ビルボード」で17位まで上がるヒットとなりましたが、「オリコン」チャートでは5位まで上がるなど日本での人気が高い曲で、中学や高校の吹奏楽の曲としてとりあげられることもあります。 2013年にはE-girlsによるカバーが、フジテレビ系月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の主題歌に使用されました。







 プロデュースは、ミュンヘン・サウンドの総帥にして元祖イタロ・ディスコ、ダフト・パンクも敬愛する「テクノの神様」、ジョルジオ・モロダー。モロダーがリマールにオファーしたのは、リマールが1984年の東京音楽祭のために来日した際、審査員の一人だったモロダーが彼の声を気に入ったからだと言われています。なおこのときの(第13回)東京音楽祭でグランプリを獲得したのは、故ローラ・ブラニガン。リマールは銀賞でした(このとき最優秀歌唱賞を受賞したのが、前年83年に「踊るリッツの夜」をヒットさせたタコ)。コンポーザー・クレジットはモロダーとキース・フォーシー。キースは翌85年にシンプル・マインズの「ドント・ユー?」で全米No.1を獲得します。





 この曲でいちばん印象に残る部分を歌っている女性は、(レコードにはクレジットされていない)ベス・アンダーソンというシンガー。リマールのオフィシャル・サイトには、彼女とリマールが一緒に写っている珍しい写真がありました。
http://www.limahl.com/gallery/galleries/solo/solo3/lim_beth_anderson.html

 カジャグーグーは86年に解散しますが、2008年に再結成し、リマールも復帰。再結成後のカジャグーグーのライブでこの曲を歌唱する際は、ベス・アンダーソンのパートをベース担当のニック・ベッグスが歌っていました。現在はカジャグーグーとしての活動はしておらず、ソロとしてリマールが、またニックがスティーヴ・ハケット・バンドの一員としてそれぞれ来日したのは、記憶に新しいところです。

・リマールのオフィシャル・サイト:  http://www.limahl.com/
・リマール 来日記念特集(ビルボードJP):http://www.billboard-japan.com/special/detail/1482
・ 2016年4〜5月、元カジャグーグーのリマールとニック・ベッグスが相次いで来日
 (YAMAHA): http://www.yamaha.co.jp/ongakukiji/news.php?no=15837







ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー / リック・スプリングフィールド
IMG_1279.jpg


 オーストラリア出身のリック・スプリングフィールドの1982年のヒット曲。アルバム『Success Hasn't Spoiled Me Yet』(邦題『アメリカン・ガール』)からの最初のシングル。覚えやすくキャッチーなメロディの曲で、『ビルボード』では2位まで上昇しました。4週連続2位をキープしながら、結局1位になれなかったのは、7週連続首位となったポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダーの『エヴォニー&アイヴォリー』という超強力なナンバーと同時期に当たってしまったという、なんとも不運な曲です。



 ミュージシャンでもありながら俳優業もこなしていたリックは、1981年にリリースしたアルバム『Working Class Dog』(邦題『ジェシーズ・ガール』、全米7位)からカットされた「ジェシーズ・ガール」が全米1位、続く「エヴィリシング・フォー・ユー」(リック・デリンジャーがカヴァー)も同8位となるヒットとなり、一躍人気アーティストとなりました。 このため82年のグラミー賞では、「ジェシーズ・ガール」で最優秀男性ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞(現在は廃止)を受賞しています。また翌83年には、この「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」で、最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞(現在の「現在最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」に相当)にノミネートされましたが、惜しくも受賞は逃しています(このときの受賞は、「トゥルーリー」のライネル・リッチーでしたが、私はドナルド・フェイゲンの「I.G.Y」を応援してしました)。

 オフィシャル・サイトを見ると、現在も元気に活躍中のようです。写真を見る限り、渋さも加わってイイ感じに年齢を重ねている雰囲気です。
http://rickspringfield.com/#







フットルース / ケニー・ロギンス
IMG_1274.jpg



 今でも時々耳にするケニー・ロギンズの全米No.1ヒット(1984年)。ケヴィン・ベーコン主演の同名映画のサントラで、前年の『フラッシュダンス』とともに「音楽もヒットした青春ダンス映画」の双璧。
 覚えやすくノリのいい軽快なロック・ナンバーで、まさに「歌って踊れる曲」。「ビルボード」では84年の3月最終週から4月の第2週まで、3週連続で首位をキープし、年間チャートでも4位という好セールスを記録しました。なおこの曲がトップに立つまで1位だったのは、ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ!」で、一方首位を明け渡したのはフィル・コリンズの「見つめてほしい」でした。80年代洋楽の黄金時代(1984年の年間チャートはこちら)。



 アル・ヤンコヴィックは、「フックト・オン・ポルカ(Hooked On Polkas)」の中で、この曲をカヴァーしています。80年代にはスターズ・オン45をはじめ、「フックト・オン・○○」というメドレー形式の曲が数多くリリースされていましたが、アル・ヤンコヴィックの「フックト・オン・ポルカ」は日本のみのシングル・カット。「フットルース」以外には、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「リラックス」や、ネーナの「ロック・バルーンは99」、デュラン・デュランの「リフレックス」、イエスの「ロンリー・ハート」、ティナ・ターナーの「愛の魔力」などが歌われています。








CRYSTAL BALL / PRINCE
 プリンスのキャリアの中で特異な地位にあるのが、4枚組CD『CRYSTAL BALL』。1998年にリリースされた作品で、4枚のうち「新作」は『the TRUTH』1枚だけで、残り3枚は過去の未発表曲や未発表ヴァージョンのコンピレーションである。内容もなかなか微妙なのだが、当初はネット通販のみの販売というアナウンスだったため発売の告知と同時にオーダーが殺到し、発送が大幅に遅れることになった。このため、ディスクのレーベル面には「1997」と印刷されているものの、実際に発送されたのは翌1998年の春である。オーダーした人の中には、「金だけとられて(カード決済では引き落とされ)、ブツは届かず終い」という悲劇も少なからずあったようだが、被害に遭った人の多くは海外からオーダーした人が多かったという話も耳にした。1997年当時は、現在のようなネット通販のシステムが構築されていなかった、ということもあるだろうが、海外への発送は手間がかかったので後回しになったあげく、そのまま....ということかもしれない。とまぁ、かなり紆余曲折を経てリリースされた『CRYSTAL BALL』だが、結局店頭でも販売されることになり、日本盤も正規にリリースされた。

DSCF2799.jpg

 この4枚組が注目された理由は、未発表ながらコレクターズ音源として以前から有名だった曲の数々が、オフィシャルでリリースされたという点にある。中でもタイトル・ナンバーの「Crysatal Ball」と「Crucial」は曲自体の完成度がきわめて高かったため、「あの曲がオフィシャルで聴ける!」と色めき立ったファンも多かったはず。10分にもわたる「Crysatal Ball」は濃密なプリンスワールドに引き込まれる曲であり、評価も高い(Amazonのカスタマー・レビューを参照)。当然ながらコレクターズ音源をはるかにしのぐクリアーな音であったし、イントロからして数段パワーアップしていた。とはいうものの、終盤部で数十秒のカットがあるという残念編集である。
 最大の問題は「Crucial」で、印象深い叙情的なエリック・リーズのサックスが完全にカットされており、しかもフェイド・アウトという実に困った編集がなされている。完成度は既発音源の方が上だろう。編集といえばもう一曲、「Good Love」。この曲はオフィシャルでリリースされていながら、これまでプリンス名義のアルバムにはコンピレーションを含めて収録されなかったが、ようやく収録の運びとなった。しかしマイケル・J・フォックス主演の映画『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ)』(映画自体はたいしたことはなく、退屈な作品だった)のサントラ『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』に収録されていたヴァージョンと比較すると、30秒ほど短くなっている。 

DSCF2808.jpg
『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』のサントラは、面白い。プリンスの「グッド・ラヴ」以外にも、ニュー・オーダーの「トゥルー・フェイス」のシェップ・ペディボーン・リミックスや、4ADのM/A/A/R/S「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」など。「トゥルー・フェイス」のシェップ・ペディボーン・ミックスは残念ながら終盤の流麗なシンセがカットされているが、オリジナルは9分超のため仕方ない。『ザ・レスト・オブ・ニュー・オーダー』が出るまで、このリミックスはプロモ盤か限定CDシングルボックスでしか聴けないレアな曲だった。映画中ではクラブで踊るシーンで流れていた。実はこのCDが「マニアにとってすごい」のは、収録曲すべてに原詩と日本語の訳詞がつけられているところ。ニュー・オーダーの訳詞がついてるオフィシャル盤はこのサントラくらいではだないかな?アマゾンのマーケットプレイスやヤフオクでは500円くらいで投げ売りされているので、興味ある人はどうぞ。



 私が知る限りで、プリンスが創り出す音楽を表現したもっとも的確な表現は、『レコード・コレクターズ』のプリンス特集(1999年12月号)で小出斉氏が書いていた「ロックと黒人音楽のエッセンスを凝縮した音の万華鏡」というコピーであった。このコピーにもっともしっくりくる作品が、この『Crystal Ball』だと思っている。

 私がプリンスのアウトテイクやライヴ音源を知ったのは、『GOLD WAX』という雑誌で、発売元はバロック出版。この雑誌、1~4号は白夜書房という出版元が発売しており、白夜書房時代はオフィシャルのレア盤を専門とする雑誌だった。名前の通り金色にコーティングされたゴージャスな表紙で、特にスミス特集などはかなり重宝したものである。書名は海外の有名な雑誌『HOT WAX』と『GOLD MINE』に由来するネーミング。

 『GOLD WAX』がコレクターズ音源専門誌に衣替えした1990年代初頭といえば、ブートレッグもアナログからCDに移行していったブートCD創生期にあたる。現在のようにインターネットなどなかった時代であり、コレクターズ音源の唯一の情報源として、4年ほど定期購読していた。新生第一号であるNo.5などをいま引っ張り出してみると、チープな造りで、なんとなく微笑ましい。老眼となった身には、読むのがつらいほど活字の小さなページがある。

DSCF2806.jpg
92年と94年には『JAPAN WAX』というタイトルの総集編も出版された。



 その『GOLD WAX』No.5ではプリンスの特集が組まれており、その記事で読んだのが『CURUCIAL』である。マイルス・デイヴィスとのコラボ音源収録で、「今まで紹介したものの中でも1,2をあらそうコレクターズアイテムだ。まずは何をおいても必聴だろう。」と紹介されていたため、早速購入したのだが当時の広告をみると値段は4600円。これに送料が1000円かかるのだから、今の時代からは想像できないような散財ぶりである。しかもこの雑誌を読んでLED ZEPPELINの『STUDIO DAZE』『JENNINGS FARM BLUES』、プリンスの『LIVE SEXY '88』も購入している。当時は(ハーフ・オフィシャルではなく)リアル・ブートであれば1枚モノ4000~5000円、2枚モノ8000~10000円というのが相場であったので、一体いくら使ったのだろう。考えないほうがいいな。

DSCF2800.jpg


 『CRUCIAL』(Biem/Stemra H.T.B. Entertainment Group CD-038001-02)
01. Crucial Love (Instrumental)
02.Fantastic
03. Crucial (Normal Version)
04. Break My Heart
05.Sexual Suicide
06.Girl In My Dreams
07.Can't Stop
08.We Can Funk
09.Welcome 2 The Rat Race
10.Witness
11.Red Riding Hood
12.Crucial (Extended Version)
13.The H Man
 
 カヴァーには「Prince with Miles Davis & Friends」というクレジットがあり、買った当時はスゲ~と思って聴いていたこのCDだけど、ほとんどの曲はマイルスとプリンスの共演ではない。ラスト「The H Man」は「アマンドラ」というマイルス・デイヴィスの曲で、01「Crucial Love (Instrumental)」もマイルス・バンドのセッションらしい。唯一「Red Riding Hood」のみが、マイルスとプリンスが共演した曲とされている。この曲は「Can I Play With U?」というタイトルで、マイルス・デイヴィスがロックへとアプローチした晩年のアルバム『TUTU』に収録される予定だったという。02「Fantastic」は、3枚組ベスト『ヒッツ&B-サイド』ラストの「Power of Fantastic」。 また04「Break My Heart」と05「Sexual Suicide」は『Crystal Ball』に収録されている(「Break My Heart」は、「Last Heart」というタイトルで収録されている~私の好きな曲!)。07「Can't Stop」は『グラフィティ・ブリッジ』のオープニング・ナンバーで、08「We Can Funk」も同アルバムに収録されているが、ともに別ヴァージョン。『CRUCIAL』では、この2曲はメドレー形式で演奏されており、軽快な「Can't Stop」から重いビートの「We Can Funk」への緩急つけた流れは素晴らしすぎる。『グラフィティ・ブリッジ』版の「We Can Funk」にはジョージ・クリントンが参加しているものの、曲のカッコよさとしては、下半身を直撃してくるような超重量級の重いリズムのアンオフィシャル・ヴァージョンの方がずっといいと思うが。

 私が『GOLD WAX』誌を購入したのは、熊本市銀座通りにあった熊本随一の書店であった(今は亡き)紀伊国屋書店である。当時『GOLD WAX』No.5を購入した人の多くが、あまりにチープな造りゆえ「果たして存続するのか?」という不安を持ったに違いない。その後時々同書店に行くたびに音楽雑誌コーナーをのぞいていたのだが、数ヶ月後無事にNo.6を発見した。奥付をみると、No.5は1990年9月20日発行、No.6は12月20日発行となっている。このNo.6を見て買ったのが『Crystal Ball』というCD。

DSCF2801.jpg


『Crystal Ball』(BXA MUSIC / BMA. Music International)
01. Crystal Ball
02. Miles Ahead
03. Power Fantastic
04. Heartbreaker (AKA Breaking)
05. Witness (Yet Another One)
06. Movie Star (AKA More Stare)
07. A Place in Heaven (AKA A Peace in Heaven)
08. Wonderful Ass
09. Funk We Can
10. Witness (Not Again)
11. Funk We Can 2

 『CURUCIAL』とデザインが似ているし、『GOLD WAX』にも「あの"CRUCIAL"と同じレーベル」と書いてあったので、同じリリース元だろうと思ったが、どうも違うらしい。01「Crystal Ball」だが、オフィシャルの方がイントロが長いことから「オフィシャルの方が完全版だな」と思ってしまうが、ところがどっこいオフィシャル版では、終盤で盛り上がる部分の演奏が一部カットされている。オフィシャルでは8分10秒くらいから10秒間ほど続くドラムソロがあるが、このCD収録のヴァージョンでは、続いてスザンナ・メルヴォワンの語りとそれに続く流麗なストリングスを聴くことができる。その他、『CRUCIAL』収録のテイクと比較すると、「曲名は違うが同じ曲の同一ヴァージョン」とか、「曲名が似てるので同じ曲の同一ヴァージョンだろうと思ったら、違うヴァージョンだった」もあり、なかなか困った2枚である。とはいえ、当時は聴きまくった2枚だし、オフィシャルで『CRYSTAL BALL』がリリースされた以降も聴き比べて楽しませてもらったこともあり、愛聴盤であることに変わりはない。


 『CRYSTAL BALL』音源を収録したCDとしてもう一枚『BLACK ALBUM』を引っ張り出しておく。『ブラック・アルバム』がまだオフィシャルでは出てなかった当時、「音質最高」という宣伝文句に踊らされて買ったCDである。最初にひどい音質のアナログコピー盤をつかまされてしまい、清水の舞台から飛び降りる気持ちでリヴェンジ購入したもの。なかなか丁寧な造りの歌詞が掲載されたインナーがついており、またクリアーな音質に驚愕&小躍りしたものである。このアイテムには『Crystall Ball』音源が8曲収録されているが、基本は『CRUCIAL』と同じであり、既発の音源ばかりで音質は劣るため、価値はない。おまけに『Crystall Ball』音源は頭出しも出来ないという残念仕様。
DSCF2803.jpg


『BLACK ALBUM』(CAPORAL - 6708 SABAM)
・Witness
・Wonderful Ass
・If U Break My Heart 1 More Time
・Moviestar
・She Wants A Place In Heaven
・Girl Of My Dreams
・Can't Stop
・We Can Funk


DSCF2804.jpg

マイルスの作品でもっともよく聴くのは『マイルストーンズ』。タイトルナンバーのカッコよさと言ったら。ビル・エヴァンスのライヴ盤『ワルツ・フォー・デヴィ』の「マイルストーンズ」もいい。『TUTU』は2番目。そして『カインド・オブ・ブルー』。『TUTU』の「デラックス・エディション」はライヴ盤とのカップリングで、マイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」やシンディ・ローパーの「タイム・アフター・タイム」が収録されている。